ザ・ビートルズ楽曲データベース

Mother Nature's Son

邦題
マザー・ネイチャーズ・サン
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Martin D-28 (Paul)
  • Ludwig (Paul)
  • Brass
  • Timpani

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc2、3曲目に収められたアコースティック・バラードナンバー。作者のポールがリード・ヴォーカルをとり、ブラスセクション以外の楽器もすべてポールがプレイしている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音録音されたのは1968年8月9日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日、ビートルズは「Not Guilty」(アルバム未収録。後にアンソロジー3に収録されたジョージのナンバー)を仕上げたのだが、他のメンバーが帰った後にポールはスタジオに残ってこの曲に着手。

ポールはアコースティック・ギターとヴォーカル(そして足音)をライブ録音。
何度かのテイクの後で、ようやく完成バージョン(第24テイク)を録音する。
この後に第25テイクも録音されたが、これはボツになる。

1968年8月20日。アビイ・ロード第2スタジオ。
第24テイクへのオーバーダブセッションが行われた。

ポールは「深い残響音が欲しい」と要望を出し、エンジニア達は廊下の真ん中にバス・ドラムを置き、
マイクを廊下の端にセットしてこのドラムの音を録音した。

そしてティンパニ(ポール)、ともう一度アコースティック・ギターがオーバーダブされ
ブラス・セクションもこの日に録音された。

このセッション時、ジョージ・マーティンとブラス奏者、そしてポールがアレンジの打ち合わせをしている所に
リンゴとジョンが入ってきた瞬間、その場の空気が凍り付いたように張り詰めたそうである。

この曲はこれで完成に至る。

このセッションの後に「ワイルド・ハニー・パイ」がポール一人の手によって録音されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 3」に、第2テイクが収録されている。
    さすがに第2テイクという事もあってか、手探り状態で演奏している。
    しかし、リリースされた物とは違い、ポールの弾き語り状態なのでこれはこれで聞き所がある。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲もインドで書かれている。マハリシに傾倒している時期の為か、自然に関する歌詞になっている。
    皮肉な事にこの曲が録音されている1968年8月20日(オーバーダブセッションの日)、ソ連率いるワルシャワ条約機構軍が国境を突破し侵攻。チェコスロヴァキア全土を占領下に置くという通称「チェコ事件」が発生。
    この曲の歌詞とはまるで正反対の出来事がスタジオの外、遠い空で起こっていたのだった。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表