ザ・ビートルズ楽曲データベース

The Inner Light

邦題
ジ・インナー・ライト
作者
Harrison(ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / ポール、ジョン
使用楽器
  • Shehnai (Sharad Jadev, Hanuman Jadev)
  • Flute (S.R. Kenkarae, Hari Prasad Chaurasia)
  • Sarod (Ashish Khan)
  • Tabla,Pakhavaj (Mehapurush Misra)
  • Sitar (Shambu-Das, Indril Bhattacharya, Shankar Ghosh)
  • Dholak,Harmonium (Rijram Desad

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での17枚目のオリジナルシングル「レディ・マドンナ」のカップリング曲。
この曲はイギリスでは1968年3月15日に発売された。
作者のジョージがリード・ヴォーカルを取り、ジョン・ポールがコーラスを付けている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲はインド・ムンバイにあるEMIレコーディングスタジオでバックトラックが録音されている。
ジョージは元々映画「WONDERWALL」のサウンドトラック制作の為にインドに滞在していた。
サウンドトラック版の録音が予想より早く終わってしまったために、「もしかしたらビートルズで使うかも知れない」と思ったジョージは、雇った現地のミュージシャンを使ってインストゥルメンタルを数曲録音した。
これが1968年1月12日の出来事である。

その内の一つがこの「ジ・インナー・ライト」へと発展するのである。
このインストは5テイク録音されていたようである。

1968年2月6日。アビイ・ロード第1スタジオ。
持ち帰った2トラックのステレオマスターテープの第5テイクをアビイ・ロードの4トラックレコーダーに移し替え、
これを第6テイクとした。
ジョージは「オレが歌ったら曲を壊すかも知れない、歌いたくない」とかなり消極的だったが、ポールの励ましもあってなんとかリード・ヴォーカルを録音する。
また、「Arrive without travelling」の部分だけがダブルトラック処理されている。

1968年2月8日。アビイ・ロード第2スタジオ。
先日の第6テイクにジョンとポールのコーラスを加えてこの曲は完成にいたる。
この日の内にモノリミックスが作成された。

以上の経緯でわかるように、この曲ではビートルズは楽器演奏はなにもしていない。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオではイントロ部分の弦楽器のリード・フレーズが異なっている。
    これは当時全く気づかなかったが・・・・・この曲にそれほど注意を払ってなかったって事なのかな・・・・
  2. 今では簡単にステレオバージョンが手に入りますが・・・・
    この曲はビートルズ活動中にはステレオではリリースされなかったのである。
    この曲のリアル・ステレオ・バージョンが収録されたのは1981年に発売された「The Beatles EP Collection」に付いていたオマケEPだけだったのだ。
    お金を貯めてEPコレクションを買って、初めて聴いたとき音の分離、輝きに感激したもんだ・・・・・
    今では普通に手に入ります。はい。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はジョージ作の楽曲が、B面曲とはいえ初めてシングルになった曲である。
    元々この時期には「アクロス・ザ・ユニバース」も録音が進んでいたんだが、ジョンが出来に不満足だった事、そしてこの曲のすばらしさもあって、ジョンが「アクロス・ザ・ユニバース」をシングル候補から取り下げてしまったのである。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表