ザ・ビートルズ楽曲データベース

Baby's in Black

邦題
ベイビーズ・イン・ブラック
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Tambourine

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での4枚目にあたるオリジナルアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の3曲目に収録された、カントリー・ロック調のナンバー。
ビートルズは「年にアルバム2枚」の契約をこなすために、前作「ハード・デイズ・ナイト」の発売一ヶ月後から、このアルバムのセッションに取りかかっている。
全編にわたり、ジョンとポールとのデュエットで歌われている。
ビートルズにはめずらしい6/8リズムの曲で、MCでは「ワルツの曲をやります」とよく言っていた。

この曲は1964年8月11日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
このアルバムのセッションで一番最初に取り上げられた曲である。

これも「恋に落ちたら」と同様にジョンとポールは、一本のマイクでヴォーカルを録音した。
全部で14テイクとテイク数が多いが、その内の5テイクはジョージのイントロフレーズの失敗でつまずいた物らしい。完全に最後まで演奏されたのは5テイクである。

最終テイクである第14テイクが採用されて、アルバムに収録された。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. 1996年にリリースされた「ビートルズアンソロジープロジェクト」の2曲目の新曲「Real Love」のカップリングとして、この曲のハリウッド・ボウルでのライブバージョンが収録されている。これは各「アンソロジー」アルバムには未収録となっている。
  2. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。
    上記で紹介している「リアル・ラヴ」とのテイク差異があるかはまだ不明。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲の歌詞は、ビートルズの元メンバー、スチュアート・サトクリフ(ベース担当。21歳の若さで死去)の恋人だったアストリッド・キルヒャーの事を書いている。
    アストリッドはメンバーにマッシュルームカットを勧めたり、ビートルズのセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」のジャケット写真に使われた「ハーフ・シャドウ」という技法をメンバーに助言した人物で、いつまでも恋人の死を乗り越えれない彼女をイメージして歌詞を書いたそうだ。
  2. この曲は発表されて、ビートルズがコンサートツアーをやめる時までずっとセットリストに入っていた。
    もちろん日本公演でも演奏されている。
  3. 常にデュエットで歌われるこの曲だが、音楽出版社の人間(ディック・ジェイムス?)が「どっちがメインのメロディーだ?」とポールに聞いた所、「どっちもメインだ」と答えたそうである。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表