ザ・ビートルズ楽曲データベース

Dear Prudence

邦題
ディア・プルーデンス
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Gibson J-160E (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Epiphone Casino (John)
  • Ludwig (Paul)
  • Piano (Paul)
  • Fender Stratocaster (George)
  • flügelhorn (Paul)
  • Hand Clap
  • Tambourine

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc1、2曲目に収められたナンバー。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポールとジョージがコーラスをつけている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年8月28日。
トライデント・スタジオの8トラックレコーダーを使って録音されている。
先日の「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」に引き続いてのセッションの為にリンゴ不在で録音が行われている。
まず、ポールのドラム、そしてジョンとジョージのギターでベーシックトラックを録音。
ジョンはインドでドノヴァンに教わった3フィンガーアルペジオを使って終始ギターを弾いている。
6弦でD音を使用するために、ギターはドロップDチューニング(6弦のみ1音下げる)が使用されている。
この日は第1テイクを徹底的に作り込んだ。

翌日の1968年8月29日。
残りの空きトラックにポールのベース、ジョンのヴォーカル、コーラス、タンバリン、手拍子などを録音。
この日はマル・エヴァンスや後にアップルからデビューするジャッキー・ロマックス、ポールの従弟のジョンがスタジオに見学に来ており、手拍子などで録音に加わった。

その翌日、1968年8月30日。
ピアノ、そしてフリューゲルホーン(共にポールがプレイ)を録音して、この曲は完成した。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲もインド滞在中に書かれた曲であるが、これは共にインドに滞在した女優ミア・ファーローの妹であるプルーデンス・ファーローが、あまりに瞑想にのめり込み過ぎて全然表に出てこないので、彼女に「出てきて一緒に遊ぼう」と呼びかける内容である。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表