ザ・ビートルズ楽曲データベース

Ob-La-Di, Ob-La-Da

邦題
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Piano (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson J-200 (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Maracas (Ringo)
  • Bongo (Ringo)
  • Hand clap
  • Voice Percussion
  • Sax

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc1、4曲目に収められたナンバー。作者のポールがリード・ヴォーカルをとり、ジョンとジョージがコーラスを付けている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年7月3日。アビイ・ロード第2スタジオにて。
リズムトラックを7テイク録音した後、第7テイクにヴォーカルとアコースティックギターがオーバーダブされたが
ポールは第4テイクの方がよかったと判断して、第4テイクにアコースティックギターを再オーバーダブする。

翌日の1968年7月4日。
ポールのリード・ヴォーカルと、ジョンとジョージによる[la-la-la]のコーラスを録音。
この第4テイクをリダクションして第5テイクを作成。その第5テイクに再びポールのヴォーカルをオーバーダブ。

その翌日の1968年7月5日。
3台のサックス、そしてボンゴをオーバーダブ。
その後にピッコロもオーバーダブされたが、聞き直したポールはこれを不要と判断。
そのピッコロの上から新たにポールによるギターを上書き録音する。

1968年7月8日。アビイ・ロード第2スタジオ。
セッションミュージシャンを雇った(前日の第4テイクへのオーバーダブのため?)にもかかわらず、前日までのテイクを破棄し、彼らを使わずにビートルズはこの曲のリメイクを開始する。
ポール(ベース)、ジョン(ピアノ)、ジョージ(アコギ)、リンゴ(ドラム)で12テイクのリズムトラックを録音。
ジョンはこの日、ドラッグか何かでハイになっており、ピアノを大音量で叩きつけて
「これだ!このテンポで行くぞ!」と叫んだそうである。そしてそのテンポでリメイクは開始されたのだ。
第12テイクをリダクションして第13テイクを作成して、そこにパーカッション類、そしてボーカルを録音。

1968年7月9日。アビイ・ロード第3スタジオ。
前日のリメイクにも満足できなかったポールは再びこの曲のリメイクを開始。
(記録によるとこのリメイクはリンゴ不在でポールがドラムを叩いて行われたそうだ・・・)
リメイクテイクを2テイク(第20、第21テイク)録音した後で、これ以上の改善は望めないと判断したのか
夜にリンゴが合流してから、前日の第13テイクにオーバーダブを開始する。
まずリード・ヴォーカルとコーラスを録音しなおし、第13テイクをリダクションして第22テイクとする。
その第22テイクにボイス・パーカッションとハンドクラップが加えられた。

1968年7月11日。アビイ・ロード第3スタジオ。
サックス3本とベースをオーバーダブする。
この日は「レボリューション」のオーバーダブセッションも行われており、ニッキー・ホプキンスがエレクトリックピアノを「レボリューション」にオーバーダブしている。

1968年7月15日。アビイ・ロード第2スタジオ。
家に録音したテープを持って帰ってこの曲を聞き直したポールは、リードヴォーカルを再度録音しなおした。
このセッションの際に、ジョージ・マーティンがポールに対して「こう歌ってみれば?」という提案をしたのだが
ポールは「じゃあ、お前がこっちに来て歌ってみろ」と返したらしく、これを見たジェフ・エメリックは「もういやだ。オレは辞めるよ」とスタジオを飛び出してしまい、1969年になるまでビートルズと仕事をする事はなかったそうだ。
この曲はこれでようやく完成に至る。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラル盤はイントロの手拍子(ハンドクラップ)がカットされている。ステレオ盤でははっきりと聞こえる。
  2. The Beatles Anthology 3」に、1968年7月8日の時点で破棄された第4テイクが収録されている。
    アコースティックギターが主体のアレンジになっており、サックスのフレーズもこの時点ですでに完成型にかなり近いのだが、ポールはこれには不満だったのだろうか・・・?

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲のタイトルは、7月5日に参加していたナイジェリア人のセッションミュージシャン、ジミー・スコットの口癖だったらしく、彼のバンド仲間は「ジミーはあのフレーズをよく口にしてたよ。ナイジェリアのヨルバ族に聞けば『Ob-La-Di, Ob-La-Da』は『life goes on(人生は続く)』という意味だって教えてくれるはずだ」と発言している。
    ポールはこれを聞いてこの曲を書いたそうだが、ヨルバ族によると「そんな言葉はない」との事らしいww
  2. そのジミー・スコットは「オレの口癖パクって曲書いたんならゼニよこせ」となんとも無茶な要求をする。
    ポールは拒否したのだが、後日、このジミーちゃんは事件を起こしてなんと逮捕されてしまう。
    ポールは「法廷費用を出してやるから、その『パクリ』って発言引っ込めろ」との取引を持ちかけて、ジミーちゃんはそれを受け入れたそうである。目の前の出来事に背に腹は替えられん、という事ですな。
  3. 日本ではけっこう人気の高いこの曲ではあるが、海外ではなんとも評判が悪く、インターネットで行われた「Worst Song Ever(最も最悪な曲)」という投票で、この曲が堂々と1位に輝いている。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表