ザ・ビートルズ楽曲データベース

You Know My Name (Look Up The Number)

邦題
ユー・ノウ・マイ・ネーム
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン、ポール / -
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Maracas (John)
  • Conga (Ringo)
  • Bongo
  • Vibraphone (George)
  • Gravel (Mal Evans)
  • Bird Whistle
  • Sax (Brian Jones)
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での22枚目のオリジナルシングル(活動中のラストシングル)である「レット・イット・ビー」のカップリング曲である。
この曲はイギリスでは1970年3月6日に発売された。
ジョンとポールが遊び心たっぷりに歌っている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音開始されたのはリリースからかなり前の1967年5月17日。アビイ・ロード第2スタジオ。
EP「「マジカル・ミステリー・ツアー」のセッション中の事である。
ギター、ドラム、ベース、ボンゴ、手拍子などで第10テイクまで録音された。

この曲は最終的に5つのパートで形成されるんだが、この日はその内の1つを録音したに過ぎない。

1967年6月8日。アビイ・ロード第3スタジオ。
この日は残りのパート4つをそれぞれ別々に録音している。

この日はブライアン・ジョーンズ(ローリング・ストーンズのギタリスト)がアルト・サックスを吹いた。
またジョージはビブラフォンをプレイしている。

翌日の1967年6月9日。
前日までに録りためたテイクを編集する作業に入る。
パート1の第9テイク、パート2の第12テイク、パート3の第4テイク、パート4の第6テイク、パート5の第1テイクを編集して第30テイクが作成された。

しかし、ここからこのテープは約22ヶ月間放置される。

1969年4月30日。アビイ・ロード第3スタジオ。
レット・イット・ビー」のギターソロのオーバーダブの後、ジョンとポールはこの古いテープを引っ張り出し
二人で1本のマイクを使ってこの曲の風変わりなボーカルを第30テイクに録音する。
マル・エヴァンスがスコップでジャリをいじる音や、手拍子などもここでオーバーダブされた。
この時点で曲の長さは6分8秒であった。
この日の内にモノリミックスも作成されている。

そこからまた日付は飛んで1969年11月26日。アビイ・ロード第2スタジオ。
ジョンはホワイト・アルバムセッションでボツになった「What's the New Mary Jane」とこの曲を、
プラスティック・オノ・バンド名義でアップルからリリースしようと思っていた。
そして4月30日に作られたモノ・リミックスをコピーして、編集を行い曲を4分19秒に縮める。
「What's The New Mary Jane」にもオーバーダブを行ってステレオリミックスを作成した。

こうして2曲のシングル曲は完成し、「What's the New Mary Jane」とのカップリングでシングルはプレスされた。
1969年12月5日(実に10日後!)にリリースを決め、レコード番号もAPPLES1002とまで決まったが
これは発売中止になってしまう。

恐らく他のメンバーが意義を申し立てたか、もしくはEMIで録音された物をアップルでリリースするとは何事ぞ、というクレームが入ったかのどちらかだと思われる。

そして1970年3月6日にラストシングル「レット・イット・ビー」が発売される際のカップリング曲に決まったのである。
このシングルの初回プレス版には「APPLES1002-A」という刻印まで残っていたらしい。

「What's the New Mary Jane」はオーバーダブ前のバージョンが後年、「The Beatles Anthology 3」に収録されている。

そしてリリースされた時には、サックスを吹いたブライアン・ジョーンズはすでにこの世にいなかった。
1969年7月2日深夜、自宅プールで溺死している所を発見されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. この曲のステレオバージョンは最初から存在しない。
    シングルはモノリミックスからの編集版から収録されており、ステレオミックス自体が行われていないためである。
    2009年のステレオリマスター版でも律儀にモノラルで収められてる上に、
    モノボックスの方にもなぜかこの曲が入っている。
  2. The Beatles Anthology 2」にこの曲を再編集したものが収められている。
    ただし6分8秒のフルバージョンではなく5分43秒となっている。
    今まで聞いた事のないパート(2番目)を聴くことが出来るが、この部分はシングルリリース時には根こそぎカットされたようである。
    何がおもろいって、このアンソロジーバージョンはステレオ・ミックスされている事である。
    それなら2009年のステレオリマスターでステレオに出来たんちゃうんかーい!!!
    まあ、「ビートルズの意向を尊重して」モノラルミックスを選んだんだろうけどね・・・

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ジョンはポールに「マントラみたいに同じ事をずっと唱える曲にしたい」という事を告げ、そして歌詞をポールに見せた。ポールは「え?これだけ?」って返したらしい。
    ほとんどお遊びで出来たこの曲だが、ポールは当時を思い出して「あれは楽しんで作ったよ!」と発言している。
  2. ブライアン・ジョーンズはサックスを持ってスタジオに入ってきたとき、ガチガチに緊張してたそうだ。
    ポールは「あれ?なんでサックス?ギターじゃないの?」と思わず問いかけてしまったとか。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表