ザ・ビートルズ楽曲データベース

Oh! Darling

邦題
オー!ダーリン
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson Les Paul (George)
  • Epiphone Casino (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Organ (John)
  • Piano (John)
  • Tambourine (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの11枚目の英国オリジナルアルバム「アビイ・ロード 」の4曲目に収められているナンバー。
このアルバムは1969年9月26日に発売された。
作者のポールがリード・ヴォーカルを取り、ジョンとジョージがコーラスをつけている。

運命の1969年。年が明けてすぐの1月2日。ビートルズはトゥイッケナム・フィルム・スタジオに姿を現した。
混沌とする活動状況を打破する為に、ポールが打ち出したのは「原点に帰る」というコンセプトだった。
デビュー以来の、全世界をコンサートで飛び回っていたあの頃に帰る、という事。
オーバーダブなどしなかった(出来なかった)あの頃に・・・・!

ポールはコンサートツアーの再開を提案したが、他の3人は難色を示す。
妥協案として1度だけのコンサートも企画されたが、これも結局流れてしまった。
最終的にリハーサルなどを含むドキュメンタリーを制作しテレビで放送する、という事で合意した4人は
このフィルムスタジオでリハーサルを開始した。「ゲット・バック(原点に帰る)・セッション」の始まりである。

しかし、いつも撮影されているというプレッシャー、そして薄ら寒いだけの撮影スタジオという慣れぬ環境。
張り切るポールはあれやこれやとジョージに指示、ジョージはそれに反発して口論となり
5ヶ月前にリンゴがしたように、1月10日にスタジオを飛び出してしまう。
数日後にジョージは復帰するが、テレビショウに関しては意見を曲げず、結局この企画は流れてしまう。
映像撮影、そして「オーバーダブをやらない」というコンセプトのアルバム制作は続行されるものの
1969年1月30日のルーフトップ・コンサート、そして翌日のセッションをもってこのプロジェクトを放棄。
総時間、90時間以上の撮影・録音テープを残したまま、ビートルズはアップルスタジオを去ったのだった。
後にこの撮影テープは映画「レット・イット・ビー」となり、
録音物はフィル・スペクターの手によってアルバム「レット・イット・ビー」としてまとめられ、
ビートルズのラスト・アルバムとして翌年の1970年5月8日に発売される。

あの苦しいセッションが終了してしばらく経った頃。ポールはジョージ・マーティンに電話をかけた。
「もう一枚アルバムを作ろうと思うんだけど、またプロデュースしてくれないかな?本当の意味でね。」
マーティンは「本当に昔の様にできるならいいけど、そうじゃないなら断るよ。」と応え、これを了承した。
4人はすでにバラバラになっているにも関わらず、再びアビイ・ロードスタジオに集結する。
・・・・・・・最後の奇跡を形にするために。

この曲が取り上げられたのは1969年1月27日の「ゲット・バック・セッション」中の出来事である。
サヴィル・ロウにあったアップル・スタジオで初めてリハーサルされた。

それから約3ヶ月後の1969年4月20日。 アビイ・ロード第2スタジオにて正式な録音開始。
ベーシック・トラックはライブで録音されて、合計26テイクを数えた。
ドラム(リンゴ)、ベース(ポール)、ピアノ(ジョン)、ギター(ジョージ)の編成。
第26テイクにオルガンをオーバーダブする。(これは後に削除された)

1969年4月20日。 アビイ・ロード第2スタジオ。
この日、正式なポールのリードヴォーカル録音が第26テイクに対して行われる。
その後にはリンゴの「オクトパスズ・ガーデン」のセッションが開始された。

しばらく日をおいた1969年7月17日。 アビイ・ロード第2スタジオ。
この頃にはアルバムとして完成させる事がメンバーの間で確認できていたようだ。
ポールはこの日、なぜか第16テイクにリード・ヴォーカルを録音。
この日からしばらく、ポールは一人で朝一番(といっても昼過ぎだが)でスタジオにきて、
この曲を1回だけ歌って録音するという作業を繰り返すことになる。

これは何度も歌い込んで、メロディーを自分の物にするのと
朝一番(もしくは寝る前)の一番声の調子いい時を狙って録音を繰り返したのと思われる。
ポールはボソリと「5年前ならこんなの簡単にできたのに・・・・」とつぶやいたそうだ。

翌日の1969年7月18日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日は第26テイクにヴォーカルを録音する。
この日以降のヴォーカルはすべて第26テイクにオーバーダブされた。

1969年7月22日。アビイ・ロード第3スタジオ。
またもやヴォーカルを再録音する。

1969年7月23日。アビイ・ロード第3スタジオ。
しつこくヴォーカルを再録音する。

1969年8月11日。アビイ・ロード第2スタジオ。
ジョンとジョージによるバッキングボーカルを第26テイクにオーバーダブ。

これでこの曲は完成に至る。
結局、7月23日テイクのヴォーカルが採用された。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 3」に、1969年1月27日のリハーサルテイクが収録されている。
    これは、本来のビートルズの編成+ビリー・プレストンのエレピという編成で演奏されており、ジョンがハモりを入れている。
    ポールはサビの部分はまだファルセットで歌っており、後にリリースされたものとは違って軽い感じである。
    ジョンのハモりはやはり長年のコンビとしてのセンスなのか、絶妙にコーラスをつけている。
    この日、どうやらオノ・ヨーコの前夫との離婚が成立したらしく、ジョンがそれをマイクで告げ「I'm Free!」とこの曲の歌詞を変えて歌い出す所でこのテイクはフェイドアウトする。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ジョンはこの曲が大層気に入ってたらしく、「オレが歌えばもっと良くなったのに。オレに歌わせなかったのがあいつのセンスのなさだね。」と後年発言している。
  2. 日本のロックバンド、B'zの二人が最初出会ってセッションしたのが、この曲と「レット・イット・ビー」である。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表