ザ・ビートルズ楽曲データベース

Day Tripper

邦題
デイ・トリッパー
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ポール、ジョン / ジョージ
使用楽器
  • Gibson J-160E (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman(George)
  • Gretch Tennessean (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Tambourine (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での11枚目のオリジナルシングル。カップリングは「恋を抱きしめよう」。
ビートルズ初の両A面シングルにもなるこの曲は1965年12月3日に発売された。
6枚目のアルバム「ラバー・ソウル」と同時発売である。
全編、ジョンとポールのデュエットで歌われており、ジョージがコーラスに加わっている。
曲を通して鳴り続けているギターリフが印象的。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲は1965年10月16日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
アルバム「ラバー・ソウル」のレコーディング・セッション中である。

全部で3テイク録られているが、完全に演奏出来たのは第3テイクのみ。
この第3テイクにコーラス、パーカッションなどをオーバーダビングして仕上げている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. 現在では特にモノラル・ステレオの違いはないが、CD化において数回リミックスされている。
    デジタルリミックスされた「ザ・ビートルズ1」に収録されたものは、間奏後の歌が入った時のジョージのギターリフのかすれがあまり目立たなくなっていた。(個人的にはパン(左右割り振り)のミスだと解釈しているが・・・)
    2009年のステレオリマスター版ではほとんどこの部分の「違和感」が消えている。
    モノラル盤ではこの部分はゆっくり立ち上がるように音が鳴っている。
  2. 当時はイギリスとアメリカでは違ったミックスが出回っていた。
    「ザ・ビートルズ1」に収められていた物はアメリカ盤のミックスに近く、2009年のリマスターはイギリス盤のそれに近い。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ビートルズ初の「ドラッグ・ソング」として知られている。
    「デイ・トリッパー」は日帰り旅行者=その日暮らしという意味にも取れるために、「彼女はその日暮らしで、片道切符しかもっていやしない。」という部分がそれに該当するらしい。
    ジョンは「若い奴らが聴いたらすぐにピンと来るんだよ!」と発言している。
  2. この曲はカバーバージョンも名作が多い。
    オーティス・レディング、セルジオ・メンデスをはじめ、日本でもYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)やザ・スパイダーズ(このライブ動画はある意味失笑ものだが)がカバーしている。
    ちなみに管理人はYMOのバージョンを先に聴いた世代である。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表