ザ・ビートルズ楽曲データベース

Your Mother Should Know

邦題
ユア・マザー・シュッド・ノウ
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Hammond Organ (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Fender Stratocaster(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Tambourine (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズが企画した映画「マジカル・ミステリー・ツアー」のサウンドトラック盤(イギリスでは2枚組EP盤として発売された)のディスク1のA面2曲目に収められたポールならではのボードヴィルスタイルのナンバーである。作者のポールがリード・ヴォーカルをとり、ジョンとジョージがコーラスをつけている。

映画では最後のグランドフィナーレの時に、白いタキシードで4人が大階段の前で歌い踊る場面で使用された。

この6曲入りEP盤のセッションはアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のセッションが終わり、まだ発売もされていない1967年4月25日から開始されている。(「サージェントのミックスダウンが終わったのは5日前の4月20日!)

アメリカでは複数の曲をEP盤の片側に詰め込む事が一般的ではなかったために、
アルバムに未収録だったこの時期のシングルを収録した編集アルバムとして、LP盤「マジカル・ミステリー・ツアー」が企画され、本国でのEP発売の10日前にキャピトルから先行発売された。
1987年のCDリリースに際して、全世界で音源そしてカタログラインナップを統一する事になり、唯一アメリカ編集盤からこのLPが選ばれて統一カタログにラインナップ入りする事となった。
現行のCDでは「マジカル・ミステリー・ツアー」の5曲目に収録されている。

1967年8月22日。
いつものアビイ・ロードスタジオではなく、チャペル・レコーディング・スタジオでこの曲は取り上げられた。
(アビイ・ロードは予約で埋まっていて、ビートルズといえどこれには勝てなかった様子w)
8テイクまで録音を重ねて、翌日にベストの第8テイクをリダクションミックスして第9テイクを作成。
このレコーディングがデビュー以来のマネージャーであった、ブライアン・エプスタインの立ち会った最後のセッションとなった。彼はこの5日後に自宅で死亡する。

そして1967年9月16日。アビイ・ロード第3スタジオ。
チャペルで録音したバージョンに不満があったポールは、この日にリメイクを開始。
全部で11テイク(第20~31テイク)をレコーディングするもこの日はこれにて打ち止め。

1967年9月29日。アビイ・ロード第3スタジオ。
結局ポールは9月16日のリメイクを破棄する事に決定し、
8月22日のチャペルでのバージョン(第9テイク)を新たにリダクションミックスを3回行った。
(これに第50~52テイクという大げさな数字がついた)
この第52テイクにポールのベース、そしてジョンのオルガンをオーバーダブしてこの曲は完成した。
(コーラスなどがいつ録音されたかは不明)

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 2」に1967年9月16日のリメイクバージョン、第27テイクが収録されている。
    行進曲のようなドラムに、ジョンのハーモニウム、ポールのピアノ(かなり安っぽい音色)、そしてかすかにジョージのアコースティック・ギターが聞こえている(歌中は弾いていない)。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 映画のラストシーンに使われたこの曲であるが、いつ見てもシュールで笑えてしまうのが難点w
    全員が胸に付けているカーネーションだが、なぜかポールだけが黒色の為に後に「ポール死亡説」の根拠の一つになった。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表