ザ・ビートルズ楽曲データベース

Every Little Thing

邦題
エヴリー・リトル・シング
作者
Lennon-McCartney (ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン、ポール / -
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Rickenbacker 320-12 or 360-12(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (George Martin)
  • Timpani (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での4枚目にあたるオリジナルアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の11曲目に収録されたナンバーである。
ビートルズは「年にアルバム2枚」の契約をこなすために、前作「ハード・デイズ・ナイト」の発売一ヶ月後から、このアルバムのセッションに取りかかっている。
終始ジョンとポールのデュエットで歌われている。

この曲が録音されたのは1964年9月29日、アビイ・ロード第2スタジオにて。
まずは4テイク録音されたが、完成には至らず。

翌日の1964年9月30日に再び着手。
第6テイクはポールが歌ってる途中でゲップをしてしまいボツ、
第7テイクは最後まで演奏するも、なぜか大爆笑で終わったとか。
イントロギター、ピアノ、そしてリンゴのティンパニが第9テイクで初登場。
(もしかしたらいずれかのテイクに重ねたオーバーダブセッションだったのかも。ベーシックトラックは不明。)

最終的に第9テイクが選ばれて収録された。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲に関しては「ジョージがレコーディングに遅刻したために参加していない。ギターパートはすべてジョンが弾いている。」というウワサが出回っていた。
    「ビートルズ・レコーディング・セッション」によると、この2日間のセッションにおいてその様な出来事には一切触れられていない。もし、この曲の録音が3人で行われたのなら、ビートルズのレコーディング史上初めての事になるんだが、それに一切触れられていない、というのも不思議な話である。
    ジョージが参加しているなら、たぶんイントロから聞こえる12弦ギターが担当楽器になるのだが、これまでの12弦サウンドから比べると明らかに丸い音色になっている。
    これはそもそも「楽器が違う」のか「弾き手が違うのか」という2つの原因に絞られるんだが、こういう事もこのウワサに信憑性を持たせたのかも。

    「ギターイントロは第9テイクに初めて登場した」と書いてある様に、12弦ギターが録音されたのは9月30日のセッション時と思われるので、もしかしたら前日の9月29日のセッション(この曲はその日の1番目に取り上げられている)にはジョージがいなかったのかも知れないですね。
  2. 元々はシングルとして発表するつもりでポールはこの曲を書いたらしい。
    当時の恋人だったジェーン・アッシャーの家で作ったそうである。
    いろいろな事情でシングルにはならずにアルバムに収録されただけになったとか。
    この後、10月8日に「シーズ・ア・ウーマン」が、10月18日に「アイ・フィール・ファイン」が録音されているが
    単純に「そっちの方がシングルとしてふさわしい出来だった」という事かも知れません。

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表