ザ・ビートルズ楽曲データベース

Within You Without You

邦題
ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
作者
Harrison(ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / -
使用楽器
  • Sitar (George)
  • Tambura (George)
  • Tabla
  • Dilruba
  • Swarmandal
  • Violin
  • Cello

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目にあたるオリジナルアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の8曲目(アナログ盤ではここからB面)に収録されたナンバー。作者のジョージがリード・ヴォーカルをとっている。他のメンバーはこの曲のセッションには一切参加していない。ジョージがこの当時、最も影響を受けていたインド音楽が大々的に取り入れられている。

1966年、ビートルズには様々な変化があった。
前アルバム「リボルバー 」のレコーディング・セッション終了後、ツアーに出たビートルズは1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークのステージを最後に一切のコンサート活動を停止する。
行く先々でのビートルマニアの熱狂、楽曲の再現の難しさ、そしてあちこちでのトラブルにメンバーは疲れ切っていた。この無意味とも思えるコンサート活動を停止すれば、レコーディングに専念できると考えたのだ。

デビュー以来、守り続けてきた「1年に2枚」のアルバム制作もこの年は初めて守られなかった。
その代わりに、クリスマスシーズン用に初のベストアルバム「オールディーズ」を発売。(未CD化)
11月24日からシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の録音を皮切りに、「もうステージはやらない」と宣言したビートルズは「架空のバンドがショーをする」というコンセプトアルバムの制作を開始したのである。

この曲は1967年3月15日に録音が開始された。
ジョージはこのアルバム用に「オンリー・ア・ノーザン・ソングス」を書いて、レコーディングもほぼ終わりかけていたのだが、なんらかの理由でこのアルバムからは外されてしまった。
後に「オンリー・ア・ノーザン・ソングス」はアニメ映画「イエロー・サブマリン」で使用される事になる。
その代わりに「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」を提供したジョージはこの日、インド人の友人を含むセッションミュージシャン達とこの曲のバックトラックを録音した。

ジョージの友人がタブラをプレイし、セッションミュージシャン(ロンドンの「アジア音楽サークル」のメンバー達)が、ソードマンデル(スワルマンダル)、ディルルーバ、タンブーラをプレイした。
ジョージ、そしてニール・アスピナール(ロード・マネージャー)もタンブーラを演奏している。
この日の録音を第1テイクとする。

1967年3月22日。アビイ・ロード第2スタジオ。
またもジョージの友人がディルルーバを2回オーバーダブする。(回転を上げて録音された)
これをリダクションして第2テイクを制作。

そして1967年4月3日。アビイ・ロード第1スタジオ。
ここで、ジョージ・マーティンは8人のヴァイオリン奏者と3人のチェロ奏者のレコーディングを行う。
ジョージの要望でマーティン卿がこのストリングスセッションのスコアを書いた。
インド音楽とクラシック音楽の融合である。
このストリングスは空いていたトラック3に一気に録音されるために、結果として一発録音だった。
(しかも前のテイクも残せない!)
このセッションのすぐ後に、ジョージはリード・ヴォーカル、シタール、アコースティックギターをオーバーダブ。

録音はこれで終了したが、翌日の4月4日にモノラル・ステレオのミックスダウンの際に、曲終了後にアビイ・ロードのライブラリから笑い声が挿入された。
これはジョージ本人からの要請である。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラル盤はステレオ盤に比べて、ラストの笑い声が大きくミックスされている。
  2. The Beatles Anthology 2」に1967年3月22日時点の第2テイクが収録されている。
    4月3日のセッション前のマスターなので、ストリングス、ボーカル、ギター、シタールは入っておらず、純粋なインド楽器によるインストゥルメンタルを聞くことが出来る。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 最後に笑い声を入れた理由はジョージ曰く
    「こういう音楽を聴かされて退屈だろうから、皮肉のつもりで入れた」らしい。
  2. ジョージのインド音楽の師匠、ラヴィ・シャンカールはこの曲を「こんなものはインド音楽じゃない」と酷評したそうな。
  3. 後年にイギリスのバンド、オアシスが「トゥモロー・ネバー・ノウズ」風のアレンジでこの曲をカバーしている。けっこうこれはおもしろかった。他にもたくさんのアーティストにカバーされている。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表