ザ・ビートルズ楽曲データベース

With a Little Help from My Friends

邦題
ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
リンゴ / ジョン、ポール
使用楽器
  • Cowbell(John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Fender Stratocaster (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Hammond Organ (George Martin)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目にあたるオリジナルアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の2曲目に収録されたナンバー。リンゴが「ビリー・シアーズ」としてリード・ヴォーカルをとり、ジョンとポールがコーラスをつけている。前曲の「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」からは途切れることなくこの曲に続いている。

後年のアニメ映画「イエロー・サブマリン」にも使用され、1999年にはビートルズ初のリミックス・アルバム「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」が発売されたが、そこにもリミックスバージョンが収録されている。

1966年、ビートルズには様々な変化があった。
前アルバム「リボルバー 」のレコーディング・セッション終了後、ツアーに出たビートルズは1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークのステージを最後に一切のコンサート活動を停止する。
行く先々でのビートルマニアの熱狂、楽曲の再現の難しさ、そしてあちこちでのトラブルにメンバーは疲れ切っていた。この無意味とも思えるコンサート活動を停止すれば、レコーディングに専念できると考えたのだ。

デビュー以来、守り続けてきた「1年に2枚」のアルバム制作もこの年は初めて守られなかった。
その代わりに、クリスマスシーズン用に初のベストアルバム「オールディーズ」を発売。(未CD化)
11月24日からシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の録音を皮切りに、「もうステージはやらない」と宣言したビートルズは「架空のバンドがショーをする」というコンセプトアルバムの制作を開始したのである。

この曲は1967年3月29日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始された。
当初の仮題は「Badfinger boogie」だったこの曲は10テイクのリズムトラックを
ポール:ピアノ、リンゴ:ドラム、ジョージ:ギター、ジョン:カウベルで録音。
ベストと判断された第10テイクをその日の内にピンポンで1トラックにまとめた。これが第11テイクとなる。
その第11テイクにリンゴのヴォーカルをまず録音した。

翌日の1967年3月30日。ビートルズはこのアルバムのジャケット写真を撮影した後、午後11時にスタジオ入り。
空きトラックにギター、タンバリン、ベース、そしてジョンとポールのコーラスをオーバーダブした。
この日のセッションが終わったのは朝の7時である。

1967年3月31日。メンバー立ち会いでモノラル・ミックスダウンを行う。
この日は15回ものやり直しでようやく完成した。
しかし、4月7日に行われたステレオ盤のミックスダウンにはメンバーは誰一人来なかったらしい。
この事からも、当時はステレオは「おまけ」扱いでメンバーもさほど興味がなかったと思われる。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 歌詞の「I get high with a little help from my friends(友達の助けでハイになる)」の部分が、ドラッグの事を歌っているという噂の元になった。この頃はもうすでに世界的スターなので、マスコミは何でも好きに報道していたのだろう。「アンソロジー」映像の中にちょうどこの頃のポールが、ドラッグについて質問したインタビュアーに対して、痛烈に皮肉を言う場面が確認できる。
  2. 前曲で「ワン・アンド・オンリーのビリー・シアーズ!」と紹介されて、歌い出すのが「What would you think if I sang out of tune, Would you stand up and walk out on me.(もし僕が調子っぱずれで歌ったら、君は立ち上がって僕の前からいなくなるのかな?)というなんとも出オチな歌詞である。
    この歌詞は当初「What would you do if I sang out of tune? Would you stand up and throw tomatoes at me?(もし僕が調子っぱずれで歌ったら、君は立ち上がって僕にトマトを投げつけるかい?)」という歌詞だった。
    すでにライブ活動をしていなかったビートルズだが、リンゴは「もし将来ライブでこの曲を歌うことになって、本当にトマト投げられたら嫌だ!」ってんで、歌詞を変更してもらったそうであるw
  3. この曲のカバーバージョンで最も有名なのはジョー・コッカーが1968年にリリースしたバージョンで全英1位を獲得している。このバージョンでギターを弾いているのは、当時セッションマンをやっていたジミー・ペイジ(後にレッド・ツェッペリンを結成)である。

各種聴き放題サービスでのビートルズ作品の取り扱い状況

Amazonプライムミュージック

ビートルズ・オリジナルアルバムはAmazonプライムの特典である「Amazon Prime Music」で「ウィズ・ザ・ビートルズ」「ビートルズ・フォー・セール」「イエロー・サブマリン」を除いて聴き放題に含まれています。(いずれも2009年リマスターのみ)

Amazonジャパンのプレスリリースはこちら。

なぜこの3つが省かれているのかが謎ですが、単体での購入もお忘れなくという事なのかも知れません。
Amazonプライムはお急ぎ便の使用や送料無料、プライムビデオなど様々な特典を含んで月間400円、年間3,900円という価格で提供されています。
ちなみにプライムビデオの方では無料のビートルズ映像作品はありませんでしたし、公式の映画やコンサートフィルムは取り扱い自体がありませんでした。
頻繁にAmazonを使う、という事であれば加入するのもよいかも知れませんがビートルズを全て楽しみたい!という方には微妙かも。

Google Play Music

Googleが提供しているGoogle Play Musicの状況はオリジナルアルバム(アンソロジー3つ、ハリウッドボウル、サージェントペパーの50周年含む)は全て配信されていますが、BBCセッション、レット・イット・ビー・ネイキッドは見当たりませんね。その代わりトニー・シェリダンものやハンブルグものなど少々怪しそうな物もラインナップされてるのがちょっと面白いです。
こちらは月額980円です。公式サイトはこちら

Spotify

Spotifyでの状況はGoogle Play Musicと同じ取り扱い状況ですが、時折広告が入ったり使用時間の制限があるものの公式アルバムの曲は全曲聴けるようになっています。
この制限を外したり、ダウンロード可能にするには月額980円の使用料が必要になります。
公式サイトはこちら

Apple Music

音楽配信サービスの大御所(笑)といえばやっぱりAppleですが、ビートルズの取り扱い状況は他よりも充実しており、BBCセッション、ネイキッド、イエロー・サブマリンソングブック、そしてなんとU.S.Albums(!)も含まれています。但しこれらは単体購入のみでしか聞けないものもあります。

オリジナルアルバム、アンソロジー3つ、ハリウッドボウル、サージェントの50周年エディションまでが聴き放題プランの中に含まれているので、ビートルズを楽しみたいのであればApple Musicが今の所最良の選択と言えるでしょう。

惜しむらくはモノラル盤の取り扱いがないところですが、AppleにはiTunes独占配信だった「The Beatles Bootleg Recordings 1963」があるのが大きいですね。
このアルバムも月額プランで聴けるものの中に入っています。

月額プランは個人では980円。ファミリープラン、1480円もありこちらはこの金額で6人までアクセス可能です。

参考文献

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表