ザ・ビートルズ楽曲データベース

Something

邦題
サムシング
作者
Harrison (ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / ポール
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson Les Paul(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Fender Telecaster (George)
  • Piano (Billy Preston)
  • Organ (John)
  • Strings

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの11枚目の英国オリジナルアルバム「アビイ・ロード 」の2曲目に収められているバラードナンバー。
このアルバムは1969年9月26日に発売された。
作者のジョージがリード・ヴォーカルを取り、ポールがコーラスをつけている。

英国では21枚目のシングルとして、アルバム「アビイ・ロード」からシングルカットされた。
カップリングは「カム・トゥゲザー」で両A面扱いでのリリースとなった。
なお、既存のアルバムからシングルカットされるのは英国ではこの曲が初めてのケースである。
そしてビートルズのキャリアの中で唯一ジョージの曲がA面扱いとなったケースでもある。

運命の1969年。年が明けてすぐの1月2日。ビートルズはトゥイッケナム・フィルム・スタジオに姿を現した。
混沌とする活動状況を打破する為に、ポールが打ち出したのは「原点に帰る」というコンセプトだった。
デビュー以来の、全世界をコンサートで飛び回っていたあの頃に帰る、という事。
オーバーダブなどしなかった(出来なかった)あの頃に・・・・!

ポールはコンサートツアーの再開を提案したが、他の3人は難色を示す。
妥協案として1度だけのコンサートも企画されたが、これも結局流れてしまった。
最終的にリハーサルなどを含むドキュメンタリーを制作しテレビで放送する、という事で合意した4人は
このフィルムスタジオでリハーサルを開始した。「ゲット・バック(原点に帰る)・セッション」の始まりである。

しかし、いつも撮影されているというプレッシャー、そして薄ら寒いだけの撮影スタジオという慣れぬ環境。
張り切るポールはあれやこれやとジョージに指示、ジョージはそれに反発して口論となり
5ヶ月前にリンゴがしたように、1月10日にスタジオを飛び出してしまう。
数日後にジョージは復帰するが、テレビショウに関しては意見を曲げず、結局この企画は流れてしまう。
映像撮影、そして「オーバーダブをやらない」というコンセプトのアルバム制作は続行されるものの
1969年1月30日のルーフトップ・コンサート、そして翌日のセッションをもってこのプロジェクトを放棄。
総時間、90時間以上の撮影・録音テープを残したまま、ビートルズはアップルスタジオを去ったのだった。
後にこの撮影テープは映画「レット・イット・ビー」となり、
録音物はフィル・スペクターの手によってアルバム「レット・イット・ビー」としてまとめられ、
ビートルズのラスト・アルバムとして翌年の1970年5月8日に発売される。

あの苦しいセッションが終了してしばらく経った頃。ポールはジョージ・マーティンに電話をかけた。
「もう一枚アルバムを作ろうと思うんだけど、またプロデュースしてくれないかな?本当の意味でね。」
マーティンは「本当に昔の様にできるならいいけど、そうじゃないなら断るよ。」と応え、これを了承した。
4人はすでにバラバラになっているにも関わらず、再びアビイ・ロードスタジオに集結する。
・・・・・・・最後の奇跡を形にするために。

この曲が取り上げられたのは、正式なアルバムセッション開始より前の1969年2月25日。
この日、ジョージはアビイ・ロードスタジオに一人で出向き、
この曲と「オールド・ブラウン・シュー」「オール・シングス・マスト・パス」のデモテープを一人で録音している。
ちなみにこの日はジョージの26歳の誕生日であった。
実は「ホワイト・アルバム」セッション時にすでに曲自体は形になっていたようである。
(1968年9月19日の「ピッギーズ」のセッションの際にクリス・トーマスに聴かせている。)

1969年4月16日。
オールド・ブラウン・シュー」の録音セッションの際に
ドラム(リンゴ)、ベース(ポール)、ジョージ(ギター)、ジョージ・マーティン卿(ピアノ)の編成で
13テイクのバックトラックが録音されているが、これは後ほど破棄される。

1969年5月2日。
アビイ・ロード第3スタジオにてこの曲の正式なリメイクが開始された。
この日、ジョージ(ギター)、ポール(ベース)、ジョン(ギター)、リンゴ(ドラム)、ビリー・プレストン(ピアノ)の編成で、ベーシックトラックが36テイク録音された。

1969年5月5日。この日はオリンピック・スタジオに移動してセッションが行われる。
第36テイクにポールがベースを、ジョージがギター(レズリースピーカーを通したもの)を再録音。
この時点で曲の長さは7分以上あった。

1969年7月11日。アビイ・ロード第2スタジオ。
第36テイクにジョージのリードヴォーカルを録音して、リダクションを行い第37テイクを作成。
ここで曲の長さは5分32秒に編集された。

1969年7月16日。アビイ・ロード第3スタジオ。
前回のリダクションテイクの第37テイクを無視して、第36テイクに再度ジョージのボーカル、ポールのコーラス、そしてジョージ、リンゴ、ポールによるハンドクラップ(後に削除か?)をオーバーダブ。
ここでまたもリダクションを行い、第38、第39テイクを作成する。

1969年8月15日。アビイ・ロード第1スタジオ。
この日はこのアルバムに使用されたストリングスセッションを1日で録音した日になった。
ゴールデン・スランバー」「キャリー・ザット・ウェイト」「ジ・エンド」「ヒア・カムズ・ザ・サン」 そして、この「サムシング」のストリングスをこの日1日で録音している。

ジョージはこの日にこの「サムシング」のギターソロを録音しなおしている。
(しかし、これは使われなかった模様)

これでこの曲は完成に至る。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 3」に、1969年2月25日のデモテープが収録されている。
    ジョージがエレキギターで弾き語りをしているこのバージョンはシンプルそのもの。
    後のバージョンと歌詞が異なる部分、そして後に削除されるメロディーと歌詞が聴ける。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲は「イエスタデイ」に次いで最もカバーされたビートルズの曲と言われている。
    しかし、カバーした人間はそれぞれ失礼な発言をしており、フランク・シナトラは「最も好きなレノン=マッカートニーの曲がこの曲だ」と発言し、マイケル・ジャクソンに至ってはジョージ本人に「え!あなたが書いたんですか?レノン=マッカートニーだと思っていた。」と一時期、ビートルズの権利を持ってた人間とは思えない発言をしているww
  2. 先ほどのフランク・シナトラは歌詞の「You stick around now,it may Show」を「You stick around, Jack, she might show」と変えて歌っているが、ジョージがライブでそれをマネして歌った所、ブーイングをくらったとか。
    イン・マイ・ライフ」の時も同様の出来事があったが、ジョージはブーイングを食らいやすいのだろうか・・
  3. この曲にはプロモビデオが存在するが、各自メンバーの嫁さんとキャッキャウフフしてる映像が延々と流されるもので、ビデオクリップ内でメンバーが一緒に映っている場面は一瞬たりともない。
    この映像は「アンソロジー」でフルバージョンを見る事ができる。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表