ザ・ビートルズ楽曲データベース

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)

邦題
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョージ、ジョン
使用楽器
  • Epiphone Casino?(John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Fender Stratocaster (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Hammond Organ (Paul or George Martin)
  • Tambourine
  • Maracas

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目にあたるオリジナルアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の12曲目に収録されたナンバー。曲中常にジョン、ポール、ジョージの3人で歌われるがポールが冒頭のカウントを入れているのと、エンディング間際でフェイクをしているのでポールがリードの印象が強い。

楽曲としては1曲目の「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」と同じ曲だが、1曲目は「ウェルカムソング」としての歌詞の内容なのに対して、こちらは「エンディング・ナンバー」としての歌詞になっており、またアレンジもこちらの方がかなり激しい。

1966年、ビートルズには様々な変化があった。
前アルバム「リボルバー 」のレコーディング・セッション終了後、ツアーに出たビートルズは1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークのステージを最後に一切のコンサート活動を停止する。
行く先々でのビートルマニアの熱狂、楽曲の再現の難しさ、そしてあちこちでのトラブルにメンバーは疲れ切っていた。この無意味とも思えるコンサート活動を停止すれば、レコーディングに専念できると考えたのだ。

デビュー以来、守り続けてきた「1年に2枚」のアルバム制作もこの年は初めて守られなかった。
その代わりに、クリスマスシーズン用に初のベストアルバム「オールディーズ」を発売。(未CD化)
11月24日からシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の録音を皮切りに、「もうステージはやらない」と宣言したビートルズは「架空のバンドがショーをする」というコンセプトアルバムの制作を開始したのである。

この曲は1967年4月1日、アビイ・ロード第1スタジオにて録音が開始された。
一番広いこの第1スタジオが使われたのは、エコー効果を得るためなのだろうか?
リズムトラックを9テイク録音し、ベストと判断された第9テイクに3人のボーカルとパーカッション類をオーバーダブ。
最後に1曲目と同じく、観衆のSEをオーバーダブしてこの曲は完成した。

このアルバム中、唯一リダクション(ピンポン)を行っていないセッションである。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラル盤でとステレオ盤では大きく違いがあるのがこの曲である。
    モノラル盤はステレオに比べて、イントロのギターが引っかかる感じで聞こえ、次に続くポールのカウントが入るまでのインターバルが2拍長い。そのカウントの後にドラムが4小節続くが、ステレオ盤にはない「観衆の笑い声」が挿入されている。また、歌に入ってからの観衆のSEも挿入される場所がモノラルの方が早い。
    そしてエンディングのポールのフェイクがモノラル盤でははっきりと聞き取れる。
  2. The Beatles Anthology 2」にテイク5が収録されている。このテイクではギター×2、ベース、ドラム、そしてオルガンが聞こえるがこれでは5人必要なために、ジョージ・マーティンがオルガンを弾いていると思うのだが・・・
    ビートルズはこの日の内にこの曲を終えているし、またリズムトラックの第9テイクが録音される過程にすぎないこのテイク5の段階でオーバーダブをしているとも思えないのだ。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ポールは最近のライブではこの曲に続いて「ジ・エンド」をメドレー形式で持ってくることが多い。2002ツアーのDVDでこの曲から「ジ・エンド」に行ったときに観客のおねーさんが「Oh my God!!!」って叫んでるのが映るが、すげえ気持ちわかるww 自分も「うおおおおおおおおおおおおおおお」と叫びましたから・・・・・

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表