ザ・ビートルズ楽曲データベース

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band

邦題
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson ES-355? (Paul,George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Horn Quartet

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目にあたるオリジナルアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の1曲目に収録されたミディアムテンポのタイトルナンバー。作者のポールがリード・ヴォーカルをとり、ジョンとジョージがコーラスをつけている。
後年のアニメ映画「イエロー・サブマリン」にも使用され、1999年にはビートルズ初のリミックス・アルバム「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」が発売されたが、そこにもリミックスバージョンが収録されている。

このアルバムは「架空のバンドがショーを行う」というコンセプトアルバムになっていて、この曲はショーを見に来た人を迎え、バンドが自己紹介を行う「ウェルカムソング」として作られている。

1966年、ビートルズには様々な変化があった。
前アルバム「リボルバー 」のレコーディング・セッション終了後、ツアーに出たビートルズは1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークのステージを最後に一切のコンサート活動を停止する。
行く先々でのビートルマニアの熱狂、楽曲の再現の難しさ、そしてあちこちでのトラブルにメンバーは疲れ切っていた。この無意味とも思えるコンサート活動を停止すれば、レコーディングに専念できると考えたのだ。

デビュー以来、守り続けてきた「1年に2枚」のアルバム制作もこの年は初めて守られなかった。
その代わりに、クリスマスシーズン用に初のベストアルバム「オールディーズ」を発売。(未CD化)
11月24日からシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の録音を皮切りに、「もうステージはやらない」と宣言したビートルズは「架空のバンドがショーをする」というコンセプトアルバムの制作を開始したのである。

この曲は1967年2月1日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始された。
9テイクのリズムトラックを録音(その中で完全に演奏されたのは第1、第9テイクでベストは第9テイク)。
ポールはこの時、はじめてベースをアンプ→マイクという方法をとらずにミキサーに直接つないだ。
今で言う「ライン録り」である。DIボックスはエンジニアのケン・タウンゼントがその場で制作した。

余談だがこのDI(ダイレクト・インジェクション)に大層、興味を持ったジョンは常に自分の声になにか変化をつけれるかも、と思って「僕のボーカルを直接ミキサーに繋げれるかな?」と聞いたそうである。
ジョージ・マーティンは「君がノドにジャックを差し込めるように手術を受ければOKさ」と答えたそうな。

翌日の1967年2月2日。空いてる2トラックにポールのボーカルと、ジョンとジョージのコーラスを録音。
空きトラックを作るために、ピンポンを行った。

約1ヶ月後の1967年3月3日。
「架空のバンドがショーを行う」という設定にした以上、ブラスセクションが必要と考えたメンバーは4人の外部ミュージシャンを呼んでオーバーダブを行う。
4人の外部ミュージシャンが帰った後に、メンバーはリード・ギターをオーバーダブした。
(「ビートルズ・レコーディング・セッション」には「ジョージが中心となって」と書いてあるが、このリードギターはポールによって演奏されたものである。)

そして1967年3月6日。
この曲がアルバムの1曲目になる事が決まったので、ポールの「お客がそこにいて、バンドがウォーミングアップしている雰囲気が出せればよくない?」というアイデアを実践すべく、SEのオーバーダブを施す。
まず、ウォーミング・アップの音は先日1967年2月10日に行われた「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のオーケストラ・セッションの際に録音された物を流用。
冒頭の観客のざわめきは、アビイ・ロード・スタジオの倉庫にあったライブラリテープ、「第28巻:観客の喝采と観客のざわめき、ロイヤル・アルバート・ホールおよびクイーン・エリザベス・ホールにて録音」から流用。
次の曲、「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」へのつなぎ目部分に挿入された観客の絶叫は、この当時録音だけされて発表の予定もなかった「ビートルズ・スーパーライヴ!(The Beatles at the Hollywood Bowl)」(未CD化)から流用されたものである。

このオーバーダブを終えて、この曲は完成に至る。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 架空の人物ペパー軍曹が進行役兼ボーカルとして歌うこの曲は、次の曲である「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」を歌う人物のビリー・シアーズ(演者:リンゴ)を紹介して終わる。ペパー軍曹が進行役を務め、そしてアルバムの終盤で同じ曲を繰り返す事を提案したのは、ロード・マネージャーだったニール・アスピノールである。
  2. このアルバムが発売されてから3日後に、ジミ・ヘンドリックスがイギリスでライブを行った。
    その時のオープニングがこの曲で、観客席にいたポールはいたく感動したそうである。
  3. ライブ活動を中止していたビートルズは4人でこの曲をライブ演奏した事はない。
    しかし解散後の1979年5月19日、エリック・クラプトンの結婚式において、ポール、ジョージ、リンゴ+エリック・クラプトンでのこの曲を演奏した。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表