ザ・ビートルズ楽曲データベース

I Want to Tell You

邦題
アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー
作者
Harrison(ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / ポール、ジョン
使用楽器
  • Tambourine (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Fender Stratocaster (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Hand Clap (John,Paul,George)
  • Maracas (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での7枚目にあたるオリジナルアルバム「リボルバー 」の12曲目に収録されたミディアムテンポのロックナンバー。作者のジョージがリード・ヴォーカルをとり、ポールとジョンがコーラスを担当。

前アルバム「ラバー・ソウル」のレコーディング・セッションから半年の充電期間を経て開始されたこのアルバムのセッションは、さまざまな実験が盛り込まれて進行した。そのおかげなのか、このアルバムの収録曲がライブで演奏されることはなかった。もはやビートルズの録音物は当時の機材、そして4人という人数で再現は難しくなっていたのだ。

この曲は1966年6月2日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始された。
ラヴ・ユー・トゥ」の時と同じく、ジョージは曲のタイトルを考えておらず、
この曲も林檎の品種名である「Laxton's Superb」という仮題が付けられている。

まずリズムトラック(ピアノ、ドラム、ギター)を5テイク録音して、
ベストと判断された第3テイクにボーカルとコーラスをオーバーダブ。
その後に、マラカス、タンバリンなどを加えた。(この時点でベースは録音されていない。)
この後に空きトラックを作るためにピンポンを行い、このテイクを「第4テイク」とした。
そして「第4テイク」にハンドクラップを加えて、ベース以外の録音は終了。

翌日の1966年6月3日にポールのベースのオーバーダブが行われた。
この時点で仮の題名は「I Don't Know」に変更。
(曲名を聞かれたときにジョージが『わかんない』といつも言うのでそれにちなんだジョーク)
なお、ベース単体で1トラック独占してのオーバーダブはビートルズ史上でこの曲が最初である。

最終のミックスダウンの時に、曲名が「I Want to Tell You」になった。
それにしても歌い出しの歌詞にしか過ぎないんだが・・・・

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 管理人にとって、この曲は「リボルバー」を聴くときにはなんとなく聞き流す曲でありました。
    その評価が一変したのは、1991年のジョージ来日ツアーの時である。
    実はこの時のチケットは友人が行けなくなったために、タダでもらったものだったのだw
    「ジョージだけ来てもなあ・・・・・・どうせオープニングは「タックスマン」とかじゃねーの?」
    という具合で、しかもジョージのソロ曲は1曲たりとも知らなかった状態だったのである!
    客電が消えて、パッとスポットライトがクラプトンに当たって、流れ出すこの曲のイントロ。
    ゾワワワワと鳥肌が全身を覆う。そして歌い出すジョージ。
    「まさか・・・・・この曲からとは・・・・・!!」(歌詞は「I Wanna Tell You」になってた)
    そして次の曲、「オールド・ブラウン・シュー」が来たときには脱糞しそうになりましたw
    「アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー」はこのライブのオープニングの想い出。それにつきます。
    余談ではあるが、クラプトンのバンドと来たために途中にもちろん、クラプトンのコーナーがあるんだけども、友人達との話題は「ジョージと来てるわけだし、まさか『いとしのレイラ』はやらないよなw」ばっかりでした。
    (「いとしのレイラ」はクラプトンが当時のジョージの妻、パティを思って書いた曲。しかもその後、パティはジョージと離婚してクラプトンと結婚してしまった。。)

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表