ザ・ビートルズ楽曲データベース

Don't Let Me Down

邦題
ドント・レット・ミー・ダウン
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gibson Les Paul (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Fender Rhodes (Billy Preston)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での19枚目のオリジナルシングル「ゲット・バック」のカップリング曲。
この曲はイギリスでは1969年4月11日に発売された。
作者のジョンがリード・ヴォーカルを取り、ポールとジョージがコーラスを付けている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲は1969年1月2日から始まった「ゲット・バック・セッション」で取り上げられた曲である。
映画「レット・イット・ビー」で見られる1969年1月30日の「ルーフ・トップ・コンサート」でも演奏されているが、なぜかアルバム「レット・イット・ビー」には収録されなかった。

この曲が録音開始されたのは1969年1月22日。サヴィル・ロウのアップルスタジオ。
アップル・スタジオでのテイク記録は残っていないが、この日録音されたテイクは
未発表アルバム「ゲット・バック」に収録された。
ドリフターズの名曲「Save the Last Dance For me」からメドレー形式で演奏され、
途中で止めた後、再度演奏開始。
その際にジョンがリンゴに「景気付けの為に、最初は思いっきりシンバルを鳴らしてくれ」との会話が入って
再度演奏を開始する、という編集で収められていた。

そして1969年1月28日。サヴィルロウのアップルスタジオ。
この日、ビートルズはこの曲と「ゲット・バック」を立て続けに録音し、シングルにはこの日のテイクが採用された。

この時期は「オーバーダブをしない」というコンセプトでアルバム制作が進んでいたので
この曲に関してもオーバーダブはされずに5人による演奏のみである。

1969年1月30日の「アップル屋上コンサート」でも2回演奏されているが、
この2つのテイクを組み合わせた物が「レット・イット・ビー...ネイキッド 」に収録された。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. レット・イット・ビー...ネイキッド 」には1969年1月30日のルーフ・トップ・コンサートで2回演奏された物を組み合わせて制作されたものが収録されている。(ジョンが1度目の演奏で歌詞を適当に歌ったためであるw)
    このテイクで一番の聞き所は、ジョージのギターである。
    シングルで発表された物はギブソン・レスポールのために非常に甘い音で、こちらのバージョンはフェンダー・テレキャスター(オールローズ)の為に固くてシャープな音色なのだ。
    また、歌詞も一部がシングルとは違っている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲もこの時期のジョンにはスタンダードな「ヨーコさんへの想い」を歌った曲である。
    「オレをがっかりさせないでくれ」と切実に叫ぶジョンを見たり聴いたりするのはちょっと複雑ではある。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表