ザ・ビートルズ楽曲データベース

Michelle

邦題
ミッシェル
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Gibson J-160E (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Epiphone Texan (Paul)
  • Epiphone Casino (George)
  • Ludwig (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での6枚目にあたるオリジナルアルバム、「ラバー・ソウル」の7曲目に収録されたスローナンバー。作者であるポールがリード・ヴォーカルをとり、ジョン・ポール・ジョージの3人でハーモニーをつけている。

昨年と同じく「1年に2枚のアルバム」のノルマをこなすべく、10月半ばからこのアルバムのセッションは開始された。 実質このアルバムは一ヶ月たらずでレコーディング~ミキシングを経て、完成させている。
しかも、セッション開始の時点では、録音できる曲のストックがなかったそうだ。
ポールはこのアルバムのセッションより、リッケンバッカー4001を使用しはじめている。

この曲は1965年11月3日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
この日はこの曲のみに1日が費やされている。
きっちりとリズムトラックを録音(第1テイク)したあとに、ピンポン処理でトラックを空け(これが第2テイクになる)その後に空いたトラックにオーバーダブを重ねて完成させた。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. このアルバムに関しては、1987年のCD化においてもリミックスがやり直されており、またアメリカでも2種類のミックスが出回っていたり(収録曲も本国イギリスとは異なる)、本国でもカッティングレベルの違うアナログ初版の「マトリックス1」などがあって正直キリがない。
    現在、CDで出回っているミックスを下記に羅列しておく。
    • 1987年に発売されたCD(ステレオ)Voが中央に定位しているもの
    • 2009年に発売されたリマスターCD(ステレオ)基本は上記に準拠。
    • 2009年に発売された限定モノラルボックスに収められたCD(モノラル)
    • 上記のモノラル盤CDに収められたボーナストラック(ステレオ)1965年のミックス(Voが右に定位)
    • ザ・ビートルズ’65BOX」に収められたキャピトル(アメリカ)版ステレオミックス。
    • 上記に収められたキャピトル(アメリカ)版モノラルミックス。
    こんな感じで1度の音源で6回楽しめます、というかいい加減にしろコラ。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ポールはあちこちのインタビューで「この曲のベースラインで、ベースの楽しさに開眼した。」と発言している。ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソン(Bass)に当時かなり影響を受けていたようで、ルートとは違う音を多用するブライアンのベースをかなり参考にしていたらしい。

    またビーチ・ボーイズはこの「ラバー・ソウル」に影響されて名盤「Pet Sounds」を発表。
    そしてその「Pet Sounds」に影響を受けたビートルズはあの名盤「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を生み出す事になる。
  2. 歌詞にフランス語が唯一、公式曲に登場するこの曲であるが、録音当初ポールはこれにかなり自信がなかったようで、アビイ・ロードスタジオの若いもんに「ねえ、フランス語っておかしくないかな?」と尋ねていたそうである。もっともその若いもんは「すばらしいですよ!全然おかしくないです!」と答えたとか。
  3. サビの「I Love You」連呼はジョンのアイデアだそうである。元々ここは歌詞がなくてコーラスだったとか。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表