ザ・ビートルズ楽曲データベース

Money (That's What I Want)

邦題
マネー
作者
Janie Bradford / Berry Gordy(ジェイニー・ブラッドフォード/ベリー・ゴーディ)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Rickenbucker 325(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gibson J-160E(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (George Martin)
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国でのオリジナルセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ 」のラストを飾るハードなナンバー。ジョンが美しいシャウトを聴かせながらリードをとり、ポールとジョージがコーラスでバックアップしている。

オリジナルはR&Bシンガー、バレット・ストロングが1959年にタムラ・レーベルからリリースしたもの。
作者の一人である、ベリー・ゴーディはタムラの創始者でもあり、後に「モータウン」と名を変える事になる。
米ビルボード、R&Bチャートでは23位まであがるヒットとなった。

最初に録音が試みられたのは1963年7月18日。
このアルバムのセッション初日にピアノのテストを交えながら、合計7テイクを録音した。

1963年7月30日にジョージ・マーティン卿のピアノを再レコーディング。
この日は14テイクまで重ねるも、未完成。

1963年9月30日、ビートルズは休暇で不在の中、マーティン卿はさらにピアノを2テイク録音。

モノラルLP用のミキシングを終えた後の1963年10月30日に再度ステレオLP用のミキシングを行っている。
(これが後述するテイク違いの原因となる。)

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ステレオバージョンのイントロはピアノに深くエコーがかかり、ガイドで入っているリンゴ(?)のリムショットが聞こえなくなっている。
    モノラルでは、ピアノは生音に近くなっており、「コツコツ・・・」というリムの音も聞こえる。
    おそらくこれは後でピアノを重ねるためのガイドクリックだったのだろう。
    また、ピアノの後のギターの入り方がステレオではグリッサンドを含めたワイルドな物になっているのに対して、モノラルでは小節の頭からきちんと入っている。
  2. The Beatles Anthology 1 」に1964年4月19日、ロンドンIBCスタジオで収録されたバージョンが収められている。これはテレビ番組「アラウンド・ザ・ビートルズ」のためのセッション。
  3. 2013年12月17日にiTunes Store限定で配信開始された「The Beatles Bootleg Recordings 1963」にピアノがオーバーダブされる前のテイクが収録されている。
    なので歌や演奏は最終的に発表されたものと同じである
    イントロ部分はいきなり演奏から始まっており、管理人としてはモノラルバージョンの「コツコツ」リムがそのまま入ってるものが聞きたかった・・・(笑)

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ビートルズ内部に不協和音が鳴り響いてた1969年9月13日、ジョンはトロントで行われた“Rock'N Roll Revival”で、エリック・クラプトン、クラウス・フォアマン、アラン・ホワイトと共にこの曲を披露している。
    この映像を見た時、白い袋にくるまってモゴモゴ動いてる、オノ・ヨーコ氏に呆然とした思い出があるw
  2. この曲はスタンダードとして様々なアーティストにカバーされているが、我が日本のRCサクセションが「カバーズ」にて日本語の歌詞でカバーしているのがおもしろい。コーラスが「カネ、ねーか!」となかなかシュール。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表