ザ・ビートルズ楽曲データベース

I Should Have Known Better

邦題
恋する二人
作者
Lennon/McCartney(実質はジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / -
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Rickenbacker 360-12 (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Harmonica (John)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での3枚目、そして初主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ア・ハード・デイズ・ナイト」の2曲目に収録されているミディアムポップスナンバーである。
映画ではなぜか列車の中で演奏するシーンと、ラストのコンサートシーンに使用されている。
作者のジョンがダブルトラッキング(サビは一部シングル)でリードヴォーカルを取っている。

米国では「A Hard Day's Night」のB面曲としてシングルカットされた。

この曲はまず1964年2月11日に、アビイ・ロード第2スタジオにて録音開始。
初期段階ではイントロにジョンのハーモニカソロ、そしてエンディングにはジョージのギターソロというアレンジだったが、この日は3テイクのみ録音して終了。

1964年2月26日のセッションでリメイクに取りかかり、22テイクを重ねた。
(ほとんど最後まで演奏できなかったらしい。)
その中から9テイク目(ジョンがハーモニカ抜きで歌った初めてのテイク)に22テイクのダブルトラック用ヴォーカルとハーモニカをオーバーダビングして完成に至った。

この後、モノラルミックスが1964年3月3日に、ステレオミックスが1964年6月22日(アルバム発売の2週間ほど前である!)に行われた。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ステレオとモノラルではイントロのハーモニカのフレーズが異なる。
    モノラルでは歌に入るまでハーモニカのフレーズが途切れることなく続くのに対して、ステレオ版では一旦ハーモニカのフレーズに休符が入る。
    2009年ステレオリマスター、そして限定モノボックスにそれぞれこのバージョンは収められている。
    「ビートルズ・レコーディング・セッション」によると、モノラルもステレオも同じ22テイクが使われているはずなのに、どうしてこの違いが出たんだろう・・・?ハーモニカが別トラックに入ってたりしたんだろうか。。

An anecdote ~ こぼれ話

特になし

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表