ザ・ビートルズ楽曲データベース

Roll Over Beethoven

邦題
ロール・オーバー・ベートーヴェン
作者
Chuck Berry(チャック・ベリー)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / -
使用楽器
  • Rickenbucker 325(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman(George)
  • Ludwic (Ringo)
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国でのオリジナルセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ 」の8曲目(アナログ盤ではここからB面である)に収録されたロックンロールナンバー。ジョージがソロで歌っている。

オリジナルは1956年にチャック・ベリーがリリースしている。
アメリカポップチャートでは29位、R&Bチャートでは2位を獲得するヒットとなり、今ではロックンロールにおけるスタンダードナンバーとなり様々なアーティストによってカバーされている。

ビートルズはデビュー以前にもこの曲を演奏していたが、その時のリード・ヴォーカルはジョンであった。
ハンブルグ巡業時代の途中ぐらいからジョージに交代したようである。

この曲は1963年7月30日に、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
5テイク目のベストトラックに、オーバーダブ(ハンドクラップか?)と、エンディングのギターリフ(最後のジャーンかな?)を重ねた8テイクを編集して収録された。

ジョージのリード・ヴォーカルは終始ダブルトラッキング処理されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 1 」にストックホルムでのテレビ出演の際に演奏したテイクが収められている。
  2. The Beatles Live at BBC」にBBCセッション時のテイクが収められている。
  3. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ジョージが1991年に来日した際のラストナンバーはこの曲だったが、管理人が見に行った時は思いっきりイントロをトチってやり直してましたw
  2. ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)が1973年にカバーしたバージョンは全英6位を記録している。曲タイトルにちなんでか、イントロに「運命」が追加されている。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表