ザ・ビートルズ楽曲データベース

Ticket To Ride

邦題
涙の乗車券
作者
Lennon-McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Tennessian(George)
  • Rickenbacker 360-12 (George)
  • Epiphone Casino (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Tambourine
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目にあたるオリジナルアルバム、そして2作目の主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ヘルプ! 」の7曲目に収録された、重厚なナンバーである。
作者のジョンがリード・ヴォーカルをとっており、 ポールがハーモニーをつけている。
映画ではメンバーがスキーを楽しむ場面でのBGMとして使用された。

英国での9枚目のオリジナルシングルとしてもリリースされ、イギリス、アメリカ共にチャート1位を獲得した。
カップリングはジョン作の「イエス・イット・イズ」。
このシングルは英国では1965年4月9日に発売されている。

この曲は1965年2月15日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
1965年初めての、そしてこのアルバムのセッションの1番目に取り上げられた曲である。

ビートルズはこのセッションから、4トラックレコーダーを駆使した方法を取り入れだした。
まずは1-2トラックにリハーサルを録音しておき、これをプレイバックしながら3-4トラックにリズム・トラックを録音。そして1-2トラックのリハーサルをオーバーダビング用に使うという方法である。

この曲は1トラックにドラムとベース、2トラックにリズムギターとリードギター、3トラックにジョンのヴォーカル、4トラックにタンバリン、ギター、そしてポールのコーラスという割り振りになっているという。
ベーシックトラックは第2テイクが採用されている。

サビの後とエンディングに入るギターソロはポールの手によるもの。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 2 」に1965年8月1日に行われたブラックプール、ABCシアターでのライブ演奏が収録されている。ジョージは6弦を使用。
  2. The Beatles Live at BBC」にはBBCセッションでの演奏が収められている。
    スタジオ版とほとんど変わらないが、うろ覚えの感がする仕上がりであるw
  3. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。
    もちろんライブではポールがリードを弾けないので、ジョージが担当する事になるんだが、12弦を選んでしまうとリードが難しくなるためなのか6弦をチョイスしている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲は2拍3連のリズムパターンが印象的であるが、これはポールのアイデアによるもの。
    ジョンは後年、この曲を「元祖ヘヴィメタル」と言ったそうだが、リズムの重厚さを指しているのだろうか?
  2. この曲のタイトルはイギリス・ワイト島にライド(Ryde)というフェリー港があり、そのフェリー港までの切符"Ticket to Ryde"にかけた洒落だそうな。
  3. 後年、カーペンターズのデビュー曲としてこの曲がカバーされた。原曲よりかなりテンポを落としてスローなアレンジになっている。「She's Got a 」を「He's Got a」など三人称を変更している。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表