ザ・ビートルズ楽曲データベース

Twist and Shout

邦題
ツイスト・アンド・シャウト
作者
Bert Russel Berns / Phil Medley (バート・ラッセル・バーンズ / フィル・メドレー)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ジョージ、ポール
使用楽器
  • Rickenbacker 325(John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch Duo Jet(George)
  • Premier (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー 」の14曲目に収録されているナンバー。
元々は黒人R&Bグループのアイズレー・ブラザーズが1962年にヒットさせたナンバーであったが、オリジナルリリースはトップ・ノーツというグループがリリースしたのが最初であり、またその時のプロデューサーは後年、ビートルズに絡むことになるあのフィル・スペクターであった。

「プリーズ・プリーズ・ミー」のレコーディングセッションにあたる1963年2月11日(日曜日)、アビイ・ロード第2スタジオにて最終曲として録音されている。

セッションの最終曲としてこの曲が選ばれた理由は、「アルバムにあと1曲足らない」という単純な理由だった。
午後10時になってスタジオを閉めなければならなくなり(この頃はまだビートルズも昼型だったw)、休憩時間中にどの曲にするか話し合ったそうだが、その際にこの曲が選ばれたそうである。

12時間以上のセッションを続けてきた事や、ジョンの風邪などのコンディションの中
ジョンはのど飴をなめて、ミルクでうがい(これは今ではダメという認識だと思う)をして上半身ハダカで挑んだ。

その1テイク目が現在我々が聴いているテイクである。

実際は2テイク録音したと記録にはあるが、その時はもうジョンの声が出なかったそうだ。
ヘッドホンでよく聴くと、ひっくり返りそうな声をジョンが無理矢理にねじ伏せてるのがよくわかる。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. 1963年11月4日にビートルズがイギリス王室主催の音楽会で演奏した際のライブテイクが「The Beatles Anthology 1」に収められている。

    この曲の演奏前にジョンがMCで「Will the people in the cheaper seats, clap your hands, and, the rest of you, If you’ll just rattle your jewelries?(安い席の人は拍手を、高い席の人は宝石をジャラジャラ鳴らしてください)」と発言したのは有名な出来事で、客席もバカ受けであった。(当時のイギリスの世相を強烈に皮肉ったジョーク)
    この様なユーモアセンスもビートルズの魅力の一つであったのだ。

  2. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にはこの曲の短縮バージョン(間奏から始めるバージョン)が収められている。1964、1965年のツアー時はこの曲がオープニングに採用されて、この曲がビートルズの代表曲としての印象を植え付けるのに役立った。

An anecdote ~ こぼれ話

特になし

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表