ザ・ビートルズ楽曲データベース

Help!

邦題
ヘルプ!
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Framus 12 String Guitar(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Tennessean (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Tambourine

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目にあたるオリジナルアルバム、そして2作目の主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ヘルプ! 」の1曲目に収録された、アップテンポのナンバーである。ジョンのアイデアを基に、ポールと二人で完成させたナンバーで、 映画ではオープニングに使用されている。

英国での10枚目のオリジナルシングルとしてもリリースされ、イギリス、アメリカ共にチャート1位を獲得した。
カップリングはポールの「アイム・ダウン」。
このシングルは英国では1965年7月23日に発売された。

この曲は1965年4月13日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
まずリズム・トラックが8テイク録音され、9テイクからヴォーカルが入る。
第10テイクでようやく完全バージョンとなり、第11テイクは失敗した。

最終テイク、そしてベストの第12テイクでジョージの半音で進行するアルペジオギターが録音された。

この曲はこの日だけで録音を終えており、1965年6月18日にモノラル・ステレオの両ミックスが作られて
アルバムに収録された。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオでは以下の違いがある。
    • ジョンのリードヴォーカルが違う。ステレオ盤では「But now these days are gone」と歌われているが、モノラルでは「And now these days are gone」と歌われており、これはヴォーカルトラック自体が双方で違う物が使われていると思われる。
    • 曲中でもう一度1番の歌詞が歌われる部分(演奏が少し静かになる部分)で、ステレオではタンバリンが4小節毎に1発入るのに対して、モノラルでは入っていない。
    • ビートルズ海賊盤事典(著:松本常男)によると、ジョージの下降アルペジオフレーズがモノラルとステレオで違う、という記述があったが、これは管理人には確認できなかった。
  2. The Beatles Anthology 2 」に1965年8月1日に行われたブラックプール、ABCシアターでのライブ演奏が収録されている。
  3. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. デビューからたった2年足らずで、押しも押されぬスターになったビートルズは疲れ切っていたようで、怒濤のツアー、そして年2枚のアルバム制作ノルマなどなど常人では考えられないペースで仕事をこなしていた。
    前作の「I'm a Loser」あたりから内省的な歌詞が目立つようになったジョンは、いよいよこの曲で「ヘルプ!(助けてくれ!)」というメッセージを発信する。
    自らを「太ったエルヴィス」と称していたジョンは、この曲がお気に入りだったらしく後の「ゲット・バック・セッション」でも即興ではあるが演奏しており、また1970年には自宅で再アレンジを試みている。
    ジョンが射殺される1980年のインタビューでも「この曲を再録音したい」と発言している。
  2. 日本では「開運!なんでも鑑定団」のオープニングに使われたりしている。
    RCサクセションはライブ盤「コブラの悩み」で日本語でカバーしており、「ヘルプ!あ、じーさんばーさん」という歌い出しに微妙な気持ちになったものである。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表