ザ・ビートルズ楽曲データベース

Words of Love

邦題
ワーズ・オブ・ラヴ
作者
Buddy Holly (バディ・ホリー)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン、ポール / 
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Tennessean(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Clap
  • Packing Case

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での4枚目にあたるオリジナルアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の9曲目に収録されたナンバーである。
ビートルズは「年にアルバム2枚」の契約をこなすために、前作「ア・ハード・デイズ・ナイト」の発売一ヶ月後から、このアルバムのセッションに取りかかっている。
終始ジョンとポールの2人のデュエットで歌われている。

この曲はバディ・ホリーが1957年にリリースしたナンバーである。
ジョンとポールはバディ・ホリーの大ファンであり、
デビュー前のキャヴァーン・クラブなどでもこの曲は演奏されていた。

この曲が録音されたのは1964年10月18日、アビイ・ロード第2スタジオ。
ビートルズはこの日だけで7曲(シングル、「アイ・フィール・ファイン」を含む)を録音している。
2テイクだけ録音され、あとの1テイクをオーバーダビングに回して合計3テイクで録音を終えている。

資料によると「パッキング・ケース」というものが録音に使われている。
これはたぶんバディ・ホリーの「Everyday」をイメージしたものかも知れない。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ビートルズのメンバーはバディ・ホリーの大ファンでありながら、
    公式に録音したバディ・ホリーのナンバーはこの曲のみである。
    ビートルズが結成当初にアセテート録音した「That'll be the Day」(The Beatles Anthology 1に収録)や、デッカ・オーディションやBBCセッションなどで演奏していた「Crying,Waiting,Hoping」(The Beatles Live at BBCに収録。ヴォーカルはジョージ)などは全てバディ・ホリーの楽曲。
  2. なお、後の「ゲット・バック・セッション」でも多数、バディ・ホリーの曲が演奏されているようだ。
    The Beatles Anthology 3」にはジョンの歌う「Mailman,Bring me No more Blues」が収録されているが、この曲はなんと「ワーズ・オブ・ラヴ」のB面曲である。
    他にも「It's so Easy」「Not Fade Away」「Peggy Sue(後にジョンがカバー)」などが演奏されて、海賊版として出回っている。
  3. バディ・ホリーの版権は現在ポールが所持している。
    また、ジョンは青年時代、眼鏡をかけることをとても嫌がってたそうだが、バディ・ホリーが「眼鏡をかけたロックン・ローラー」として堂々と振舞っていたのを見て、人前で眼鏡をかける事を恥と思わなくなったとか。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表