ザ・ビートルズ楽曲データベース

Love me Do

邦題
ラヴ・ミー・ドゥ
作者
McCartney / Lennon
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン
使用楽器
  • Gibson J-160E(George)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Premier (Ringo,Andy White)
  • Harmonica (John)

Recording Data ~レコーディング・データ

デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー 」の8曲目(アナログではこの曲からB面)に収録されているミディアムテンポのナンバー。
ビートルズの本国イギリスにおけるデビューシングルであり、チャート最高位17位。(マネージャーのブライアン・エプスタインが買い占めたおかげとのウワサも)
ジョンとポールがほとんどデュエットで歌っている。

最初に録音されたのは1962年の6月6日。
EMIの契約の為のオーディションと言われるセッション内である。(ドラマーはピート・ベスト)

次の録音は1962年9月4日。ドラマーはリンゴ・スター。
この日はビートルズのデビューシングルになるはずだった「How Do You Do it」を録音するためのセッションだった。この曲は他の作家の手によって書かれたナンバーで、ビートルズの為に用意された楽曲である。
録音を終えた後、ビートルズは「やっぱり、オリジナルで勝負したい」と申し出て、再度「ラヴ・ミー・ドゥ」に着手する。
この日は結局15テイク以上、録音した。
「How Do You Do it」は後に、「The Beatles Anthology 1 」に収められている。

そして1962年9月11日。リンゴのドラムに不満を覚えたプロデューサー、ジョージ・マーティン卿はセッション・ドラマーであったアンディ・ホワイトをこの日のセッションに呼んだ。彼は当時32歳。メンバーよりかなり年上だった。
この日、リンゴはかわいそうにコントロールルームの隅にぽつんと座っていたそうである。
せめてもの、という事なのかリンゴはこの日のセッションで「ラヴ・ミー・ドゥ」ではタンバリンを。
同日録音された「P.S.アイ・ラヴ・ユー」ではマラカスをプレイした。
採用されたテイクは最終テイクである第18テイクである。

1962年10月5日にこのシングルはリリースされたが、最初のリリースは9月4日のリンゴバージョンであった。
しかし、翌年になってから発売されたこの曲はすべて9月11日のアンディバージョンに差し替えられた。
マスターテープの混乱を避けるために、リンゴバージョンは早々と破棄されたそうな。

よって、このアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー 」に収められているのはアンディバージョンである。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ミックス違いならまだしも、この曲に関しては3人のドラマーによるバージョンが存在する。
    • 1962年6月6日のピート・ベストバージョン
      途中でビートがシャッフルから8ビートに変わったりとかなり不安定なアレンジである。
      このバージョンは「The Beatles Anthology 1 」に収められている。
    • 1962年9月4日のリンゴ・スターバージョン
      このバージョンは「パスト・マスターズ vol.1&2」に収められている。
      マスターテープが破棄されていたために、このCDが発売される際にはレコード盤からマスターを起こしたそうである。
    • 1962年9月11日のアンディ・ホワイトバージョン
      このバージョンが「プリーズ・プリーズ・ミー 」や「The Beatles 1962-1966」に収められている。
      タンバリンが入っているので、簡単に判別できる。
  2. マスターテープを全て残すようになったのは1963年からの事なので、この曲(1962年セッション)のステレオバージョンは存在しない。ステレオと明記されているのは、いずれも疑似ステレオである。
  3. BBCラジオに出演した際の1963年7月10日のセッションは「The Beatles Live at BBC」に収められている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 当初、この曲のサビはジョンが歌うはずだったのだが、ハーモニカをヴォーカルラインとかぶって吹かなければならないアレンジの為に、急遽ポールが歌う事になったそうだ。
    ポールによると「あれはすごく緊張した出来事だったよ!いきなり歌えって言われてさ。」との事。
  2. グループのドラマーなのに、別のドラマーを呼ばれてタンバリンを叩かされたリンゴはかなり凹んだそうである。ジョージ・マーティン卿はこの時の非礼を、後年リンゴに詫びたそうだが笑って許したとの事。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表