ザ・ビートルズ楽曲データベース

A Taste Of Honey

邦題
蜜の味
作者
Bobby Scot / Ric Marlow (ボビー・スコット / リック・マーロウ)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch Duo Jet(George)
  • Premier (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー 」の12曲目に収録されているミディアムスローナンバー。
ワルツのリズムの楽曲で、ポールがリードヴォーカルを取っている。
元々は1960年に上演されたブロードウェイミュージカルの為に作られた曲であり、ポールが好きな曲という事で取り上げられた。

デビュー前のハンブルグ巡業時代に、スローナンバーを演奏する必要があった為にこの曲を演奏していた。

「プリーズ・プリーズ・ミー」のレコーディングセッションにあたる1963年2月11日(日曜日)、アビイ・ロード第2スタジオにて録音されている。この曲は合計7テイク録音されて、その5テイク目にポール、ジョンのコーラスをオーバーダブして第7テイクが採用された。このアルバム中唯一のダブルトラッキング処理(同じ物を二つ重ねて録音する手法。ビートルズのヴォーカル録音ではこの後、この手法が多用されていくようになる。)を施している。

ダブルトラック処理されているのはポールのサビのヴォーカル部分とエンディングのジョンのコーラス。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. BBCセッションでのテイクが「The Beatles Live at BBC」に収められている。
  2. 2013年12月17日にiTunes Store限定で配信開始された「The Beatles Bootleg Recordings 1963」にテイク6が収録されている。
    このテイクはリリースされてるものとベーシックトラックは一緒でほぼ変わらない(ポールの声はすでにダブルトラックになっている)のだけれども、唯一エンディング時、ブレイクした後のコーラス部分のジョンの声がシングルトラックになっている。
    本文には「この曲は合計7テイク録音されて、その5テイク目に7テイク目のヴォーカルだけを足した。」と書いたのだけれどもよく考えたら2トラックレコーディングでそんな事出来るんだろうか・・
    なので、この6テイク目はポールのヴォーカルのダブルトラックの為のテイクで、ラストの部分のジョンのコーラスをダブルトラック録音したものが最終テイクの第7テイクになったのではないか?と管理人は思うのです。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 父親や祖父がジャズ・ミュージシャンであるポールは幼い頃からこういう楽曲を聴いて育ったそうだが、ロックンロール好きのジョンにとっては「演奏するのが苦痛な曲」の一つだったみたいで、コーラスの際「A Taste of Honey(蜜の味)」を「A Waste of money(金の無駄遣い)」とコーラスすることもあったとか。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表