ザ・ビートルズ楽曲データベース

I Wanna Be Your Man

邦題
彼氏になりたい
作者
Lennon/McCartney(2人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
リンゴ / ジョン、ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Hammond Organ (George Martin)
  • Tambourine (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国でのオリジナルセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ 」の11曲目に収録されたアップテンポのナンバー。リンゴがリードヴォーカルを取り、ジョンとポールがコーラスを付けている。

最初に録音が試みられたのは1963年9月11日。
この日のセッションの一発目にこの曲が1テイクだけ録音されたが、翌日に持ち越す事に決定。

そして、1963年9月12日。第2~7テイクまで録音するも、この日も完成せず。

少し間を置いて、1963年9月30日。
この日、ビートルズメンバーは休暇を取ってイギリス国外にいたために、プロデューサーのジョージ・マーティン卿が編集作業を加える。(第7テイクにハモンド・オルガンをオーバーダブ。何度か録音を試みた後に、第13テイクがベストと判断された。)

そして、1963年10月3日、リンゴのパーカッションをオーバーダブした後、1963年10月23日にもオーバーダブが行われているが、この日の作業の記録はない。(サビ部分、ギターのオクターブ奏法かな?)

この日の第16テイクが最終的にアルバムに収録された。

リンゴのヴォーカルはダブルトラッキング処理されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 1 」に1964年4月19日、ロンドンIBCスタジオで収録されたバージョンが収められている。これはテレビ番組「アラウンド・ザ・ビートルズ」のためのセッション。この日は「ボーイズ」も収録されていてリンゴは2曲も歌ってるんだが、ストックホルムではリンゴが一番人気だったのだろうか・・・?
  2. The Beatles Live at BBC」にBBCセッション時のテイクが収められている。
    原曲と違い、4小節のイントロが付いている。
    特筆すべきなのは、ジョージがこのセッションでリッケンバッカーの12弦ギターを弾いている事!

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はザ・ローリング・ストーンズのセカンドシングルとしても知られている。
    ビートルズがこの曲に取りかかる前日、1963年9月10日にリハーサル中のストーンズの元に出向いたジョンとポールは、「君らにぴったりの曲があるんだ。まだ未完成だけど」と、この曲を歌って聴かせたそうである。
    (ポールはビル・ワイマン(ベース)の右利き用のベースをそのままひっくり返して弾いたそうだ・・・)
    「これはいい。俺たちのスタイルじゃないか」と喜んだストーンズの面々。
    ジョンとポールは「あ、ちょっと待ってて。残り作ってくるわwww」と部屋の隅(別室とも)に行って、あっという間にこの曲を完成させたそうである。
    当時、オリジナル曲をやらずにブルースなどのカバーをしていたストーンズは、この様子を見て刺激を受けたそうでミックとキースは曲作りを始めるきっかけになったそうだ。(ブライアン・ジョーンズは懐疑的だったが・・・)

    もっともジョンは後に「あんなの捨て曲だ。いいもんをやつらにくれてやるわけないだろ」と発言している。
    だから翌日にためしに1テイクだけ録音してリンゴに歌わせた・・・・・のか・・・・・?
  2. この曲はビートルズ来日公演でも演奏されている。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表