ザ・ビートルズ楽曲データベース

I Need You

邦題
アイ・ニード・ユー
作者
Harrison(ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / ジョン、ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Tennessian(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Bongo
  • Cowbell

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目にあたるオリジナルアルバム、そして2作目の主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ヘルプ! 」の4曲目に収録された、ミディアムテンポのナンバーである。
作者のジョージがダブルトラックでリード・ヴォーカルをとっており、 映画では草原にて戦車に囲まれての演奏シーンで使用されていた。

ジョージのオリジナルはセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」に収録された「ドント・バザー・ミー」以来になる。

この曲は1965年2月15日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
全部で5テイク録音されたが、この時点ではヴォリューム・ペダル奏法のギターや、パーカッション類は録音されていない。

そして翌日、1965年2月16日のセッションにて、パーカッション類、ジョージのダブルトラック用ヴォーカル、そしてヴォリューム・ペダル奏法のギターがオーバーダビングされた。

シンプルなこの曲故に、このボリューム奏法のギターは印象深く仕上がっている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 初めてヴォリューム奏法を使用して録音された事が話題となりがちなこの曲ではあるが、「The Beatles Anthology 1」に収録された「エイト・デイズ・ア・ウィーク」のTake4にて、ヴォリューム奏法らしきギターを聞くことが出来る。もしかしたらこの時はギターに付いているボリュームで、この奏法を行ったのかも?
    マーク・ルウィソーンの「ビートルズ・レコーディング・セッション」には「初めてフット・コントロール式のペダルが使われた」との記述があるので、ヴォリュームペダルを初使用という事なのかも知れません。
    どちらにしても、この曲といえばこのギター奏法なんですけどもw
  2. そのボリューム奏法のギターだが、当時はある雑誌にハーモニカと間違われたとか。
    確かに似てるとは思う。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表