ザ・ビートルズ楽曲データベース

Can't Buy Me Love

邦題
キャント・バイ・ミー・ラヴ
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman(George)
  • Rickenbacker 360-12 (George)
  • Ludwig (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での3枚目、そして初主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ア・ハード・デイズ・ナイト」の7曲目に収録されているアップテンポのナンバーである。
映画ではビートルズが階段を駆け下りて野原を駆け回る場面(笑)に使用されていた。
ポールがリードをヴォーカルを取っている。

ビートルズにとって6枚目の英国オリジナルシングルにあたり、英国・米国ともにチャート1位を獲得した。
B面は「You Can't do That(ユー・キャント・ドゥ・ザット)」。
このシングルは英国では1964年3月20日に発売されている。

この曲はいつもと違い、パリのEMIスタジオで録音がされている。
録音日は1964年1月29日。
この時期、ビートルズはフランス・パリのオランピア劇場での19回公演のためにフランス滞在していた。

その時にあの「シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)」「抱きしめたい(ドイツ語)」のオファーが来たのである。
この「ダルい」仕事をさっさと終わらせたビートルズは新曲であるこの曲に着手。

とりあえず2テイクを録音したのだが、アレンジとキーを変更。
その後の4テイク目でビートルズはこの曲を完成させた。
時間にしてたった1時間弱だそうである・・・・

モノラルミキシングが1964年2月26日に行われ、6月22日にアルバム用のステレオミキシングが行われた。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. この曲もモノラルとステレオでヴォーカルの処理が違うバージョンが存在する。
    ステレオバージョンでは間奏のリードギターが2本はっきりと聞こえているが、モノラルの方は2本目が「消し忘れか?」というぐらいに小さくミックスされており、7小節目のG音がカットされている。
    あと、モノラルではミックスダウンの際、ハイハットをエンジニアのノーマン・スミスがオーバーダブしているが、後日のステレオミキシングでは省かれたようである。
  2. The Beatles Anthology 1」に1964年1月29日のセッションにおけるテイク2が収められている。
    キーも一音高くDになっており、さすがのポールもすこしキツそうだ。
    ジョンとジョージによるコーラスも入っている。
  3. The Beatles Live at BBC」にはBBCセッションでの演奏が収められている。
    ブレイク後の「much for money」の歌い回しが若干違う。
  4. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

特になし

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表