ザ・ビートルズ楽曲データベース

No Reply

邦題
ノー・リプライ
作者
Lennon/McCartney(実質はジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (George Martin)
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での4枚目にあたるオリジナルアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の1曲目に収録された、フォーク・ロック調のナンバー。
ビートルズは「年にアルバム2枚」の契約をこなすために、前作「ア・ハード・デイズ・ナイト」の発売一ヶ月後から、このアルバムのセッションに取りかかっている。
作者であるジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポールがハーモニーを付けている。

この曲は1964年9月30日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
全部で8テイク録音され、第8テイクが最終テイクに選ばれた。

また、この録音に先駆けた1964年6月3日。
リンゴが扁桃腺のための病気でツアーを休む事になり、この日に代役のジミー・ニコルとのリハーサルが行われたのだが、そのリハーサルが終わった後に、この曲のデモテープが録音されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 1」に1964年6月3日のセッション、テイク1(デモ)が収められている。
    ライナーノーツによると、この日はジミー・ニコルのリハーサル終了後に3曲のデモテープが録音されたらしいが、ドラマーはリンゴでもジミーでもないそうだ。
    テイク1(デモ)ではドラムが入っているが誰が叩いたのかは不明である。
    この曲はトミー・クイックリーというシンガーに提供する予定だったらしく、そのトミーなる人物に合わせたアレンジなのか知らないが、かなり荒っぽいアレンジ(1stの「ミズリー」に似た感じ)だ。
    トミーはこの曲をレコーディングしたにもかかわらず、リリースはされなかったそうである。
    なお、この日はジョージ作の「You Know What to do」も録音されており、これも「The Beatles Anthology 1」に収録されている。
  2. おなじく「The Beatles Anthology 1」に1964年9月30日のテイク2が収められている。
    これはリリースされたものにかなり近いアレンジになっている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ジョンがこの曲をディック・ジェイムス(ビートルズの曲を管理運営する音楽出版社『Northern Songs Ltd(ノーザンソングス)』の経営者)に聞かせた際、ジェイムスは歌詞について「君もずいぶんと大人になったものだね」とコメントしたとの逸話がある。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表