ザ・ビートルズ楽曲データベース

All My Loving

邦題
オール・マイ・ラヴィング
作者
Lennon/McCartney(実質はポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Rickenbucker 325(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman(George)
  • Ludwig (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国でのオリジナルセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ 」の3曲目に収録された、メロディアスでポップなナンバー。日本ではシングルで発売され、なじみのある曲である。
ロイ・オービソンとのツアー中にポールがバスの中で作った曲だそうで、ポールは2009年の今でもこの曲をよく演奏している。
ジョンはこの曲を聴いて「ヤツは完璧な作曲の才能がある!」と絶賛したそうな。

この曲は1963年7月30日に、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
このセカンドアルバムのセッションは、デビューアルバムの時の「1日で全曲収録」なんて事はせずに、じっくりとレコーディングセッション時間が取られていた模様。
まず11テイクを録音して、12~14テイクはオーバーダブに使用され、その中の11テイクと14テイクを組み合わせた物がアルバムに収録された。(記録では1~14となってるが5テイク目が欠落)

ジョンの6連リズムギターや、ポールのランニングベース、そしてジョージのチェット・アトキンス奏法など半年前のデビューアルバムセッションから比べても技量、アイデアともにかなりの進歩が見られる。

なお、ボーカルは全編ダブルトラック処理されていて、ギターソロ後のサビのハモリは2声ともポールによるもの。
ライブ演奏時はジョージが主旋律を歌い、ポールが3度上のパートを担当している。
これはジョンが6連符を弾きながら歌うのが難しいのと、ジョージの声域の問題でこういう処置がとられたと思われる。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. 元々この曲はいきなりヴォーカルから始まるが、ハイハットカウントが5発入るバージョンも存在する。
    過去、以下のアルバムに「ハイハット・イントロ」バージョンが収められていた。
    • With the Beatles (ドイツ盤)
    • EP「All my Loving」(ドイツ盤)
    • Beatles Greatest (ドイツ、オランダ、日本)
    • The Beatles Liverpool Box(イギリス、日本)
  2. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ビートルズがアメリカ進出して「エド・サリヴァン・ショー」に出演した時に、初めて演奏したのがこの曲。
    この時、全米総人口の72%が (約7300万人) が彼らの演奏を見たとか。
    このおかげかどうかわからないが、出演時間の間の犯罪発生率が異様に低かったらしい。
  2. ポールのベースが一カ所、見事に間違えている。
    ソロ後のデュオになる所、(tomorrow I'll Miss You)の(miss)の部分でC#mのはずが、F#mを鳴らしている。
  3. ジョンが1980年12月8日、ニューヨークの自宅アパート「ダコタハウス」前で、マーク・チャップマンに射殺され、担ぎ込まれた病院で死亡した時、タンノイ・スピーカーから流れていた曲はこの曲だったとか・・・・・

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表