ザ・ビートルズ楽曲データベース

You're Going To Lose That Girl

邦題
恋のアドバイス
作者
Lennon-McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Rickenbacker 325(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Bongo (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目にあたるオリジナルアルバム、そして2作目の主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ヘルプ! 」の6曲目に収録された、軽快なナンバーである。
作者のジョンがダブルトラックでリード・ヴォーカルをとっており、 ポールとジョージの掛け合いがいかにもビートルズ!という感じがする。

映画ではスタジオ内での演奏シーンで使われていた。
この映画唯一のスタジオでの演奏シーンである。

この曲は1965年2月19日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
コントロールルームのアナウンスミスで第1テイクを「第2テイク」と言ってしまったらしく、唯一完奏できた「第3テイク(実質には第2テイク)」がベストと判断されて、そこにポールのピアノやリンゴのボンゴなどがオーバーダブされた。

なお、ジョージはギターソロ以外はなにも演奏していないようである。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲のレコーディングが行われた前日(1965年2月18日)そして翌日(1965年2月20日)はいわゆる「ボツ」曲が2曲も生まれたセッションとなっている。
    • ジョンとポール共作の「If You've Got Trouble」(リンゴがヴォーカル)
    • ポール作の「That Means a Lot」(ポールがヴォーカル)
    前者は1テイク録音して、すぐにオクラ入りしてしまい、後者にあたっては4トラックいっぱいまでダビングしたテープを再度まとめ(ピンポンという)さらにオーバーダブを重ねたものの満足できない結果となった。
    そして1965年3月30日に再度「That Means a Lot」はリメイクされるが、結局オクラ入りとなった。
    この2曲は「The Beatles Anthology 2」にめでたく(?)収録されている。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表