ザ・ビートルズ楽曲データベース

Please Please me

邦題
プリーズ・プリーズ・ミー
作者
McCartney / Lennon(実質はジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン、ポール / ジョージ
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch DUO JET (George)
  • Premier (Ringo)
  • Harmonica (John)

Recording Data ~レコーディング・データ

デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー 」の7曲目に収録されているアップテンポのナンバー。
ビートルズの本国イギリスにおける2枚目のシングル曲であり、初めてチャート1位を獲得した曲である。
ジョンとポールがほとんどデュエットで歌っている。

作曲当時、ロイ・オービソンの「Only the Lonely」を彷彿とさせるスローテンポの楽曲だったが、プロデューサーのジョージ・マーティン卿のアイデアでテンポをアップしたという。

最初に録音が開始されたのは1962年の9月11日。
この日はセッションドラマー、アンディ・ホワイトを雇って「ラヴ・ミー・ドゥ」が録音された日だったが、ビートルズのメンバーは深夜からこの曲のレコーディングに取りかかった。この時点ではまだスローテンポのアレンジだったが、先ほど書いたマーティン卿の助言を受けて試行錯誤するも、グループはこの曲を保留扱いにする。

正式なテイクが録音されたのは1962年11月26日。
全部で18テイクを録音し終えた後、マーティン卿はスタジオのトークバックでこう語りかけた。
「おめでとう。ナンバーワン間違いなしだ」

ミックスダウンが行われたのは1962年11月30日。
後の1963年2月25日にアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」のミックスダウンが行われた際には、モノラルミックスにはこの日のテイクが使用されたが、16,17,18テイクを使って新たなステレオ・ミックスも作られた。
これが後述するテイク違いの原因である。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ミックスダウンの際に違うテイクを採用している為に、ステレオとモノラルでは以下の違いがある。
    ステレオバージョンは現在、2009年に発売されたステレオリマスター版で入手可能。
    モノラルバージョンは87年リリースの前CDか限定モノラル・ボックスで入手できる。
    • 大サビが終わってもう一度「I know You Never~」と歌われるべき箇所をジョンが「Why Know I Never~」と歌ってしまい、ポールと違う歌詞になってしまっている。それに気づいたせいなのか次の「Come on」ではジョンが吹き出しそうになっている。
    • ハーモニカのフレーズとユニゾンで進行しているジョージのギターフレーズが、ステレオバージョンでは大サビの直後のみ違うフレーズを弾いている。
  2. The Beatles Anthology 1 」に1962年9月11日のバージョンが収められた。ハーモニカが入っていなく、ジョージの間奏もちょっといいかげんである。この曲でもドラムはアンディ・ホワイトが叩いていると思われる。

An anecdote ~ こぼれ話

特になし。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表