ザ・ビートルズ楽曲データベース

Devil In Her Heart

邦題
デヴィル・イン・ハー・ハート
作者
Richard Drapkin(リチャード・ドラプキン)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / ジョン、ポール
使用楽器
  • Rickenbucker 325(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Maracas (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国でのオリジナルセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ 」の12曲目に収録されたミディアムテンポのナンバー。ジョージがリードヴォーカルを取り、ジョンとポールがコーラスを付けている。

オリジナルはデトロイトの黒人ガールズ・グループ、ザ・ドネイズが1962年にリリースしたもの。
「Bad Boy」という曲のB面曲としてである。(原題は「Devil in his Heart」)
ジョージの発案でカバーする事になり、その際に三人称を変更している。(his→her、he→she)
原曲にかなり忠実にカバーされている。(時間がなかったのかも知れんが)

最初に録音が試みられたのは1963年7月18日。
このアルバムのセッション初日に手早く3テイクを録音し、マラカスのオーバーダブを含む全6テイクで仕上げている。

ジョージのヴォーカルは所々でダブルトラッキング処理されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 後年、あの「ゲット・バック・セッション」でもちょろっとだけ演奏されている。この際はジョンが歌っているが、お遊び感覚で適当に歌っているという感じで、緊張感のまるでない演奏である。
  2. この曲のイントロ部分はよくラジオのジングルなどで使われたりするので、「おっ!」と思っても、そのすぐ後に「なんじゃい」と落胆する場面が日常でよくあるw

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表