ザ・ビートルズ楽曲データベース

You've Got to Hide Your Love Away

邦題
悲しみはぶっとばせ
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / -
使用楽器
  • Framus 12-String Guitar(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gibson J-160E(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Marcas
  • Tambourine
  • Flute (John Scott)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目にあたるオリジナルアルバム、そして2作目の主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ヘルプ! 」の3曲目に収録された、ミディアムテンポのナンバーである。
作者のジョンがリード・ヴォーカルをとっており、 映画では室内でギターを抱えて歌う場面に使用されている。

ジョン・スコットが録音に参加してフルートを吹いている。ただしアルバムにクレジットはされなかった。
ラヴ・ミー・ドゥ」「PS・アイ・ラヴ・ユー」のアンディ・ホワイト(ドラム)の起用とは違い、ビートルズの担当楽器以外の楽器奏者がレコーディングに起用される初めてのケースとなった。

この曲は1965年2月18日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
全部で9テイク録音され、オーバーダブの後に完成させている。

ジョン・スコット曰く「彼らの要求を満たすには、まずテナー・フルートを吹いてからアルト・フルートを録音するのが最適だった。録音の時は4人ともその場にいたよ。特にリンゴは新婚旅行から帰ってきたばかりで浮かれていたね」との事。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 2 」に第1、第2そして第5テイクが編集された物が収録されている。冒頭の「123123」というカウントから、彼らはこの曲をワルツとしてとらえていたようだ。
    記録によると、この曲の完全バージョンは2テイクのみ、という事なので、この第5テイクと最終的にマスターに使用された第9テイクという事になる。
    リンゴのブラシの音、そしてグラスが割れる音、そしてジョンが「ポールがグラス割っちゃった~」と歌うのが興味深くきけます。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲も当時のジョンのブームであったボブ・ディランの作風である。
    彼の「I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met) 」という曲に最もインスパイアされたと思われる。ポールも後年「あれはジョンがディランを忠実にやった曲さ」という発言をしている。
  2. ザ・ビーチ・ボーイズ、ジョー・コッカー、エルヴィス・コステロ、そしてオアシスやパール・ジャムなどのバンドにカバーされている。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表