ザ・ビートルズ楽曲データベース

And I Love Her

邦題
アンド・アイ・ラヴ・ハー
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品。ジョンも少し手伝ったと言われている。)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Classical Guitar(George)
  • Bongo (Ringo)
  • Claves (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での3枚目、そして初主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ア・ハード・デイズ・ナイト」の5曲目に収録されているスローナンバーである。
映画ではリハーサルシーンで演奏されていた。
ティル・ゼア・ウォズ・ユー」と同じくアコースティック編成のアレンジである。
ポールがソロでヴォーカルをとっている。

この曲はまず1964年2月25日に、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始されている。
他の曲と同様のエレキ編成で2テイク(その内エンディングまで演奏できたのは1テイク)録音したが、ビートルズのメンバーは後日改めてリメイクすることにした。

翌日、1964年2月26日のセッションでアコースティック編成に変えてみたものの、完成はしなかった。

三日目にあたる1964年2月27日のセッションで再リメイク。
この日の2テイク目でようやく完成した。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオでヴォーカルの処理が違うバージョンが存在する。
    ステレオ・モノラル共にポールのヴォーカルがダブルトラックになっている。
    しかし、アメリカではこのアルバムは映画のサウンドトラックとしてインスト曲も含めた編集盤として出されたのだが、こちらではシングルトラックになっている。
    現在、このシングルトラックバージョンは「Capitol Album 1」に収録されておりCDで入手可能。(国内盤はCCCDなので海外盤の方がオススメです。)
  2. ドイツの編集盤「Something New」およびアメリカで出された「Rarities(邦題:レアリティーズVol.2)」には、エンディングのギターフレーズが通常より2回多いバージョンが収録されている。(通常は4回リフレインだが、このバージョンは6回リフレインする。)
  3. The Beatles Anthology 1」に1964年2月25日のセッション、テイク2が収められている。
    エレキ編成で少しヘヴィーなバージョンはなかなか聴き応えがある。

An anecdote ~ こぼれ話

特になし

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表