ザ・ビートルズ楽曲データベース

Norwegian Wood (This Bird Has Flown)

邦題
ノルウェーの森
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Framus 12-String Guitar (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Sitar (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Tambourine (Ringo)
  • Finger Symbal(Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での6枚目にあたるオリジナルアルバム、「ラバー・ソウル」の2曲目に収録されたオリエンタルムード漂うミディアムナンバー。作者であるジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポールがコーラスを付けている。

昨年と同じく「1年に2枚のアルバム」のノルマをこなすべく、10月半ばからこのアルバムのセッションは開始された。 実質このアルバムは一ヶ月たらずでレコーディング~ミキシングを経て、完成させている。
しかも、セッション開始の時点では、録音できる曲のストックがなかったそうだ。
ポールはこのアルバムのセッションより、リッケンバッカー4001を使用しはじめている。

インドの民族楽器であるシタールがビートルズのキャリアで初の採用。
また当時のポップソングでのシタールの使用は画期的だった。
この曲の発表後、ローリング・ストーンズは同じくシタールを使用した「Paint it,Black(黒く塗れ)」を発表した。

この曲は1965年10月12日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
このアルバムセッションの初日にあたり、同じ日には「浮気娘」が録音されている。
まず1テイクの録音にさまざまなオーバーダブが加えられ、一旦完成はしたもののこのアレンジは放棄される。
この段階での仮の曲名が「This Bird has Flown」だった。

後日、1965年10月21日のセッションで、ビートルズはこの曲のリメイクを開始。
この段階で曲のキーを1音あげ、若干ヘヴィーなアプローチで再アレンジを開始。
2テイク目から開始され、3テイク目にあたる第4テイクがベストと判断されて、オーバーダブが加えられた。
シタールの録音に関しては、レベルのピークが読めずにエンジニア(ノーマン・スミス)は苦労したそうである。
同じ日には「ひとりぼっちのあいつ」の第1~第2テイクが録音されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. このアルバムに関しては、1987年のCD化においてもリミックスがやり直されており、またアメリカでも2種類のミックスが出回っていたり(収録曲も本国イギリスとは異なる)、本国でもカッティングレベルの違うアナログ初版の「マトリックス1」などがあって正直キリがない。
    現在、CDで出回っているミックスを下記に羅列しておく。
    • 1987年に発売されたCD(ステレオ)Voが中央に定位しているもの
    • 2009年に発売されたリマスターCD(ステレオ)基本は上記に準拠。
    • 2009年に発売された限定モノラルボックスに収められたCD(モノラル)
    • 上記のモノラル盤CDに収められたボーナストラック(ステレオ)1965年のミックス(Voが右に定位)
    • ザ・ビートルズ’65BOX」に収められたキャピトル(アメリカ)版ステレオミックス。
    • 上記に収められたキャピトル(アメリカ)版モノラルミックス。
    こんな感じで1度の音源で6回楽しめます、というかいい加減にしろコラ。
  2. The Beatles Anthology 2」に放棄された第1テイクが収録されている。
    発表された物よりもキーは1音低く、歌詞も一部違う。パーカッション類もライドシンバルやマラカスなども聞こえており、またサビの歌メロに対して、シタールのカウンターメロディが入っている。
    管理人はこのバージョンを海賊盤「Sessions」で聞いたが「そりゃボツるわな」と子供ながらに思った。
  3. モノラル盤では「She asked me to stay~」の歌詞の後に、誰かの咳払いが聞こえるが、ステレオではカットされている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲は、ジョンが当時の嫁さんのシンシアにバレないように「他の女との情事」を曲にしたものらしい。朝起きたら鳥(女の意味)はいなくなっていて、最後にそこに火を付ける、というオチの歌詞なんだけども、当時の邦訳には「暖炉に火をつける」という訳になってた覚えがある。
    まあ、直訳すれば「ノルウェー木材」に近いそうだし、それぐらいの意味の取り違えもあるだろうけども。
  2. アンソロジーが出る前に日本では定番になってた映像作品「コンプリート・ザ・ビートルズ」での、この曲の使われ方はとても印象深かった。車に乗って立ち去るメンバーの映像にこのイントロが被さり、そして演奏がオールインした時にこのアルバムのジャケがデン!っと写る編集で、この映像のおかげでこの曲、そしてこのアルバムを買う原動力になったのでした。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表