ザ・ビートルズ楽曲データベース

Rock and Roll Music

邦題
ロック・アンド・ロール・ミュージック
作者
Chuck Berry(チャック・ベリー)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / -
使用楽器
  • Rickenbacker 325(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (George Martin)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での4枚目にあたるオリジナルアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の4曲目に収録された、その曲名どおりのロックンロール・ナンバー。
ビートルズは「年にアルバム2枚」の契約をこなすために、前作「ア・ハード・デイズ・ナイト」の発売一ヶ月後から、このアルバムのセッションに取りかかっている。
ジョンがリード・ヴォーカルをとっている。またこの曲は1テイクでの1発録りである。

オリジナルはチャック・ベリーが1957年にヒットさせたもの。
公式録音でチャック・ベリーの曲を取り上げるのはこれが2曲目である。(「ロール・オーバー・ベートーベン」以来)

この曲は1964年10月18日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
ビートルズはこの日だけで7曲(シングル、「アイ・フィール・ファイン」を含む)を録音している。

メンバー4人がそれぞれの担当楽器をプレイし、ピアノをジョージ・マーティンが担当。
この編成で1テイクで録音を終えて、それがアルバムに収録された。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 2 」に1966年6月30日に行われた日本公演でのライブバージョンが収められている。
    2コーラス繰り返して終わるショートバージョン。
    日本公演中、この日のみ半音下げチューニングで演奏が行われているために、キーは半音低くなっている。
  2. The Beatles Live at BBC」にはBBCセッションでの演奏が収められている。
    ピアノが入っておらず4人の演奏が楽しめる。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はローリング・ストーン誌が選ぶ「500 Greatest Songs of All Time」の128位にランクされている。(オリジナルのチャック・ベリーバージョン)
    なので、ビーチ・ボーイズなど様々なアーティストにカバーされるロックンロール・スタンダード曲なのだ。
  2. ビートルズはこの曲をハンブルグでの「遠征下積み時代」から演奏している。
  3. ビートルズのレコーディングエンジニアだったジェフ・エメリックは、この曲はジョージがベースでポールがピアノを弾いていると言っているらしい。ポールにしてはピアノが上手すぎる気もするし、また「1発録音」を真に受けるならばレコードの音にはギターが2本聞こえているので、これもどうか?と個人的に思う。
    そういえばCDには「ジョン・ポール・マーティンの3人が1台のピアノを弾いている」と書いてあったが、そんな必要性がどこにあるんだと小一時間(以下r

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表