ザ・ビートルズ楽曲データベース

P.S. I Love You

邦題
P.S.アイ・ラヴ・ユー
作者
McCartney / Lennon(実質はポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Premier (Andy White)
  • Gretch Duo Jet (George)
  • Maracas(Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー 」の9曲目に収録されているミディアムテンポのナンバー。ポールがリードをとり、ジョンとジョージが巧みなコーラスワークを聴かせてくれる。
ビートルズの本国イギリスにおけるデビューシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」のB面曲でもある。

最初に録音されたのは1962年の6月6日。
EMIの契約の為のオーディションと言われるセッション内である。(ドラマーはピート・ベスト)
このテイクは未だに発見されていないようである。

次の録音は1962年9月11日。
リンゴのドラムに不満を覚えたプロデューサー、ジョージ・マーティン卿がセッション・ドラマーであったアンディ・ホワイトを呼んだ時である。
この日、リンゴはかわいそうにコントロールルームの隅にぽつんと座っていたそうである。
せめてもの、という事なのかリンゴはこの日のセッションで「ラヴ・ミー・ドゥ」ではタンバリンを。
同日録音されたこの「P.S.アイ・ラヴ・ユー」ではマラカスをプレイした。
採用されたテイクは最終テイクである第10テイクである。

1962年9月4日のセッション(ラヴ・ミー・ドゥをリンゴが叩いた時)では、この曲は取り上げられていないので、この曲のリンゴバージョンは存在しない。

よって、このアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー 」に収められているのは、このアンディバージョンである。

マスターテープを全て残すようになったのは1963年からの事なので、この曲(1962年セッション)のステレオバージョンは存在しない。ステレオと明記されているのは、いずれも疑似ステレオである。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はデビューシングルのA面曲候補にも挙がったらしいが、同名曲のヒットが多数あったために却下された。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表