ザ・ビートルズ楽曲データベース

Eight Days A Week

邦題
エイト・デイズ・ア・ウィーク
作者
Lennon-McCartney (二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン、ポール / ジョージ
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman(George)
  • Rickenbacker 360-12(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での4枚目にあたるオリジナルアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の8曲目(アナログではこの曲よりB面)に収録された、キャッチーなナンバーである。
ビートルズは「年にアルバム2枚」の契約をこなすために、前作「ア・ハード・デイズ・ナイト」の発売一ヶ月後から、このアルバムのセッションに取りかかっている。
ジョンとポールが終始デュエットで歌い、所々でジョージがコーラスを入れている。

本国イギリスではシングルカットされなかったが、アメリカ、日本などの諸外国ではシングルとしてリリースされてアメリカ、カナダでチャート1位を獲得している。

録音が開始されたのは1964年10月6日、アビイ・ロード第2スタジオにて。
この日はこの曲1曲のみに費やされて、スタジオ内で様々な実験が試みられた。
テイク1は普通にアコギで演奏。
テイク2は「Ooh」というコーラスをイントロに取り入れ、
テイク3は1と2を合わせてチャレンジ
テイク4はハーモニーの音程を一定に保つようにアレンジを変え
テイク5はエンディングにもこのハーモニーを取り入れた。

最終的にテイク6がベストと判断され(この時点ではもちろんイントロのフェードインはない)
ここにオーバーダブを施していく。この日の最終テイクは13。

そして1964年10月18日のセッション冒頭。
ビートルズはこの日だけで7曲(シングル、「アイ・フィール・ファイン」を含む)を録音している。
エンディングパートだけを録音して、この曲は完成した。

最終テイクは10月6日のテイク13と10月18日のエンディングパート(テイク15)をつないだ物である。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 1」に1964年10月6のテイク1、2そして4を編集した物と、テイク5の2曲が収録されている。制作過程を聞いているみたいで、とても興味深いトラックである。
    テイク4ではジョージがギターのボリューム奏法をやっており、後の「アイ・ニード・ユー」が初めてのトライだと思ってた管理人はとても感動した覚えがある。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲のタイトルはまたもリンゴのボヤキから。(前例は「A Hard Day's Night」)
    「忙しいな・・・・一週間に8日も仕事かよ・・・・・・」というリンゴのジョークから生まれたそうである。
    ちなみに五月みどりの「一週間に十日来い」は昭和37年(1962年)12月のリリースなので、
    元ネタの可能性も大いに・・・・ない。
  2. 元々はビートルズの2作目の主演映画「Eight arms to Hold You」の主題歌として作られた、となにかの資料であったが時期的にどうも信用できないネタである。この映画は後に「Help!」と改題された。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表