ザ・ビートルズ楽曲データベース

Misery

邦題
ミズリー
作者
Lennon/McCartney(二人の共同作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポールとジョンのデュエット
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch DUO JET (George)
  • Premier (Ringo)
  • Piano (George Martin)

Recording Data ~レコーディング・データ

デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー 」の2曲目に収録されているミディアムテンポのポップスナンバー。イントロのピアノがとても印象的である。

「プリーズ・プリーズ・ミー」のレコーディングセッションにあたる1963年2月11日(日曜日)、アビイ・ロード第2スタジオにてまずベーシックトラックを録音。後日にピアノをオーバーダビングする事があらかじめ決められていたので、通常15ipsのテープスピードで録音する所を30ipsにて録音されている。
(こうしておくとレコーディングの際に1/2の速度で録音できる。 )

1963年2月20日、ビートルズメンバー不在でピアノのオーバーダビングが行われた。ピアノをプレイしたのはプロデューサーであるジョージ・マーティン卿。

シンプルな曲調にもかかわらず、ベーシックテイクは11を数え、最終的にオーバーダビングを加えた第16テイクが採用された。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. 2013年12月17日にiTunes Store限定で配信開始された「The Beatles Bootleg Recordings 1963」にテイク1、そしてテイク7が収録されている。
    まずテイク1だが「I Remember~」の歌詞の後のピアノオブリがジョージのギターで演奏されてるのだけれども、「おいおいもっと落ち着けw」と言いたくなるぐらいリズムが走っている。
    そしてテイク7ではジョージはフレーズを1オクターブ下げて演奏し、リズムはだいぶ落ち着いたのだけれどもやっぱりしっくりとはハマっていない。
    この曲がこのアルバムのセッション中、やたらテイクが多いのもこの部分をどうするか模索していたのかも知れませんね。
    なので「最初からピアノをオーバーダブする事が決まっていた」というのもどうも信用できないなあ。
    だってそれならこの部分は最初からフレーズを空にしておけばいいわけですしね。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 元々この曲はイギリスの女性シンガー、ヘレン・シャピロ(日本でも「悲しき片思い」「子供じゃないの」が有名)の為に書かれた物だったが、シャピロ側から「歌詞が暗いからヤダ」と断られたそうである。ビートルズはまだ売れてない時代、ヘレン・シャピロの前座としてイギリス国内をツアーして回っていた。後の3枚目のシングル「フロム・ミー・トゥ・ユー」も元はと言えばヘレン・シャピロとのツアー中にバスの中で書かれた物である。同じバスではあのロイ・オービソンが「オー・プリティー・ウーマン」を作曲してたらしい・・・

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表