ザ・ビートルズ楽曲データベース

I've Just Seen A Face

邦題
夢の人
作者
Lennon-McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Epiphone Texan (Paul)
  • Framus 12-String Guitar(George)
  • Ludwig(Snare with Brushes)(Ringo)
  • Maracas (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目にあたるオリジナルアルバム、そして2作目の主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ヘルプ! 」の12曲目に収録された、カントリー調のナンバーである。
サントラアルバムとはいえ、B面は映画では使われていない曲が収録されている。
作者のポールがリード・ヴォーカルをとっており、 コーラスもポールが付けている。

この曲は1965年6月14日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
この日に録音されたのは「イエスタデイ」そして「アイム・ダウン」とまさにポールの為の一日であった。

ジョン(J-160E)とポール(エピフォン・テキサン)、そしてジョージ(フラマス12弦)のアコースティックギターとリンゴによるブラシによりスネアドラムで構成されており、それにギターのボディーを叩く音、とマラカスがオーバーダビングされている。

全部で6テイク録音されて、第6テイクが収録された。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲もボブ・ディランとの接触によって、インスパイアされたものには違いないが、ポールの解釈はこういう明るい歌詞の曲になるのか、と管理人はひそかにウンウンと頷いている夜があります。
    なんせ元々の仮タイトルが「Aunty Gin's Theme(ジンおばさんのテーマ)」というらしいので、カントリー方面のカラーがポールにとっては好みだったのかも知れません。
  2. ポールは解散してからもこの曲をよく取り上げていて、ウィングスの「Wings Over America」や、1991年の「Unplugged」、そして2003年のロシアでのライブなどで演奏している。この場合演奏キーは1音下がってGで演奏されるのがほとんどである。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表