ザ・ビートルズ楽曲データベース

Dizzy Miss Lizzy

邦題
ディジー・ミス・リジー
作者
Larry Williams(ラリー・ウィリアムズ)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / -
使用楽器
  • Rickenbacker 325(John)
  • Hohner Combo Pianet(Paul)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Tennessian(George)
  • Ludwig(Ringo)
  • Organ (John)
  • Cowbell (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目にあたるオリジナルアルバム、そして2作目の主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ヘルプ! 」の14曲目に収録された、ロックンロールナンバーである。
サントラアルバムとはいえ、B面は映画では使われていない曲が収録されている。

オリジナルは「スロー・ダウン」「バッド・ボーイ」と同じラリー・ウィリアムズ。
1958年にリリースされたこの曲(B面は『スロー・ダウン』)を、ジョンがシャウトしながら歌っている。
元々はデビュー前からステージでのレパートリーとして演奏していた。

この曲は1965年5月10日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
この日は「バッド・ボーイ」も録音されており、ジョンによる「ラリー・ウィリアムズ」オンリーのセッション。

まず2テイク録音した後に、「バッド・ボーイ」を仕上げた彼らは、再度この曲にチャレンジ。
第7テイクまでセッションを行った後に、最終テイクである第7テイクがベストテイクと判断された。

ポールがエレクトリックピアノ、ジョンがオルガン、そしてリンゴがカウベルをオーバーダビングした模様。
ジョージのソロ&オブリガードも2回録音されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Live at BBC」にBBCセッションでの演奏が収められている。
    4人の演奏にエレクトリックピアノが加わっており、ジョージのリードギターも2本聞こえている。
    おそらく、BBCの番組用にスタジオで多重録音したものと思われる。
  2. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ジョンにとってラリー・ウィリアムズはかなりお気に入りのアーティストだった様で、ビートルズ時代に3曲("Slow Down" ,"Bad Boy","Dizzy Miss Lizzy")も録音を残しており、同一アーティストのカバーとしてはビートルズのキャリアでは最多である。
    1969年9月13日にトロントで行われた“Rock'N Roll Revival”でも、エリック・クラプトン、クラウス・フォアマン、アラン・ホワイトと共に「マネー」やこの曲を披露している。
    そして後年、ソロ名義での「ロックンロール」でもラリー作の「ボニー・モロニー」をカバーしている。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表