ザ・ビートルズ楽曲データベース

Another Girl

邦題
アナザー・ガール
作者
Lennon-McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Rickenbacker 325(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gibson J-160E(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Epiphone Casino (Paul)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目にあたるオリジナルアルバム、そして2作目の主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ヘルプ! 」の5曲目に収録された、軽快なナンバーである。
作者のポールがダブルトラックでリード・ヴォーカルをとっており、 映画ではなぜか海岸沿いの岩場での演奏シーンで使用されていた。メンバーが楽器を取り替えたり、女性をベースに見立てるなどやりたい放題の映像は必見。

この曲は1965年2月15日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
なんとベーシックトラックは1テイクのみで終了している。
その後に、ジョージがトレモロアームをふんだんに使ったギターソロを10回オーバーダビングしている。
その内の第7テイクがベストと判断されたものの、結局それは使用されなかった。

そして翌日、1965年2月16日のセッションにて、ポールによるエピフォン・カジノで弾いたギターソロがオーバーダビングされてこの曲は完成に至った。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ポールが購入したエピフォン・カジノ(ギター)は、このアルバムから使用されているが、ポールはこのギターを相当気に入ったみたいで、ジョンとジョージに強く勧めている。
    翌年のツアー以降、ジョンもジョージもライブではカジノを使用する様になったのでした。
  2. 2009年9月9日に出たステレオリマスター盤の「ヘルプ!」でこの曲を注意深く聴くとわかるが、笑ってまうほどにアコギのリズムが悪いw
    とても、アコギの名手のジョンのプレイとは思えないのである。
    その代わり2拍4拍で刻んでいるカッティングはかなり歯切れが良いので、チャック近藤氏の「ビートルズサウンド大研究(上)」に記述がある「ジョンがエレキでジョージがアコギ」説をとりたいと思います。
    映画ではジョージが325を持って、ジョンがJ-160Eを持ってはいるけども・・
  3. 管理人は一回目の大サビから、Aメロに戻る際のポールのソロの最後のトチりでいつも笑ってしまいます。
  4. ポールは2015年「アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー」のファイナル、日本武道館公演にてこの曲を「世界で初めて披露」した。ビートルズ時代を含め、ウィングス~ソロ時代もこの曲を演奏した事がないはずなので日本のファン、いや世界のファンにも嬉しいサプライズとなった。
    それにしても今のポールのバンドメンバーは本当にビートルズナンバーに対しての愛があるねえ・・・

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表