アップル公式映像作品「Eight Days a Week」が2016年9月22日公開!

皆様お久しぶりです。バタバタとしておりますがなんとか日々を暮らしております。
ここ最近はちょこちょことギターなんぞでビートルズをコピーしてたりとか。

そんな時にアップルが公式映像作品を発表しました。
しかもビートルズのライブを追っかけた作品という事です。

maxresdefault

ビートルズ、映画『EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』の日本公開が9/22に決定
http://nme-jp.com/news/21639/

『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりとなるアップル公式作品の映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』が日本では9月22日(木・祝)より全国公開することが決定した。

この度、全世界一斉解禁された公式ポスタービジュアルには、1964年8月22日に、ワシントン州シアトル・タコマ国際空港からブリティッシュコロンビア州バンクーバーへ向かうアメリカン・フライヤー・エアラインのロッキード・エレクトラ機のタラップで撮られた4人の写真が使用されている。

これは、ザ・ビートルズやローリング・ストーンズのツアー・マネジャーを務めたボブ・ボニスが、64年から66年にかけて行われた全米ツアーに同行した際のプライベート写真のうちの1枚で、ボニスの死後、息子によって遺品から発見された3,500枚のネガ、のちの「ボブ・ボニス・アーカイブ」に含まれるものとして知られている。製作者によると「全く時代を感じさせず、まるで今撮影されたかのような写真」との理由から、今回このビジュアルの起用を決定したという。

映画は1962年から1966年までのザ・ビートルズを追ったもので、リバプールのキャバーン・クラブからサンフランシスコのキャンドルスティック・パークまでの映像が盛り込まれているという。作品では独占映像が使用されているほか、ビートルマニア現象について当時の社会的・政治的状況までを検証するものになると発表されている。

これは・・・・何ともアツい内容じゃないですか。
とはいえ、個人的にはスタジオアウトテイクが好きな事もあり、
あまりビートルズのライブに関しては詳しくないままではあるのですが
やっぱり気になるのは「アンソロジー」やこの間の「1」で見せてくれた
「映像のリストア」具合ですよねえ。

トレイラーがYoutubeで公開されていました。

これを見る限り、何度も見て見慣れているマンチェスター公演やシェイスタジアムの映像は
けっこうきれいになってますねえ。
その代わり武道館公演はやっぱりリストアが難しかったのか、あんまりきれいとは
思えませんでした。

秋が楽しみです!映画館でビートルズのライブを見れるってのも
むかーし行ったビートルズ復活祭以来かもしれません(笑)

 

Post a Comment

Your email is never shared.