高嶋弘之氏インタビュー ― 明けましておめでとうございます

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
今年もこの「ビートルズ楽曲データベース」をよろしくお願い致します。

日々に忙殺されておる日常が続いており、ネットでニュースを拾い読みするぐらいしか
今の所出来ておりませんが、今日見たこの記事はテンションがあがりました。

ビートルズ来日50周年!初代ディレクターが語る秘話
http://allabout.co.jp/gm/gc/461306/

これは日本でビートルズを担当した高嶋弘之氏へのインタビューなのですが
これがまたとても面白い内容でした。

特にプロモーションに関してのエピソードがとても面白くて
ヘレン・シャピロとの抱き合わせで「オデオン・ファンクラブ」のやりとりや
評論家対策などもとても微笑ましい内容でしたね(笑)

ある日、「ヘレン・シャピロ※のファンクラブを作りたい」と男子高校生が訪ねてきてね、ちょうどビートルズを売り出す時期だったから、これ幸いにとある提案を持ちかけました。ビートルズとヘレン・シャピロは同じオデオンというレーベルだから、「オデオンファンクラブ」だったらいいよ、と。ビートルズを応援してくれればヘレン・シャピロのことを考えてやってもいいという、いわば取引です(笑)。のちに彼とその仲間たちをアルバイトとしてラジオ局に送り込み、あの手この手をつかって裏でビートルズの「啓もう活動」をさせた(どういう啓もう活動があったかは、ナイショ)。

そのほかにも部下をビートルズみたいな髪型にさせて、テレビのニュースや雑誌に「流行のビートルズカット」と出すことを思いついた。当時、マッシュルームカットなんて言葉もない。たいして長くもない前髪をおもいきりクシで引っぱったりしてね。短すぎる人にはカツラまで用意した。それで、結構サマになっていたし、話題なりました。

それから評論家対策も重要でした。当時、ジャズ評論家の福田一郎先生がどうやらビートルズの音楽に苦い顔をしていたみたいなんですね。そこで早稲田の演劇学科出身の私が一芝居うつわけです。皆のいないところに連れ出して耳打ちする。「先生のおっしゃることはよくわかります。でも先生のことが好きだから言わせてください。ビートルズの人気の波はもう間違いなく日本にやってくると思います。それで先生の評判が下がってしまうところ、僕は見たくないぁ……」。そうやって、そっとビートルズのレコードを渡しました。その後しばらくしたら、「ビートルズは売れる!」と言ってくれた。しめしめ、と思いましたよ(笑)これでラジオのディレクターも曲をかけてくれるぞ、と。

いやはや、これは本当にすごい内容!
高嶋さんの「ビジネス手腕」が存分に発揮されたエピソードだと思います。

ユニークだ、と昔から思っていた邦題のエピソードも興味深く読めました。
個人的には「嘘つき女」の事を聞いて欲しかったのですけども(笑)

オールディーズの時代には、エルヴィス・プレスリーも「ロックの革命児」と言われたけれど、大きな意味ではビング・クロスビーやシナトラ、ルイ・アームストロングなどのようにエンターテインメントの中の一人。プレスリーは過激に演出されていましたけれど、エンターテインメントの枠から出ていなかったのでは、と思います。当時のこうした枠組みとビートルズが大きく違うのは、楽曲を作る時に「メッセージを込めたこと」だと思うんです。それは「愛なんてこんなもんだよ」というささいなことから「平和への願い」といった大きなものまで。この「メッセージ性」が他との大きな違いを生んでいたと思います。

この視点もビートルズとはなんぞや?というのをとても理解されているのだなあ、と改めて思いました。

今年もマイペースではありますがビートルズと向き合って過ごしていきたいと思います。

2 Comments

  1. ミロン
    Posted 2016/03/11 at 12:37 PM |

    はじめまして。
    時折訪れては楽しませてもらっています。

    興味深いインタビューなので元記事を読もうと
    リンクをクリックしたところ、別のページが表示されました。
    (「炊飯器の炊飯方式」という記事が……)
    ということで、リンクの修正をお願いします。

  2. WebMaster
    Posted 2016/03/25 at 7:11 AM |

    初めまして!訪問ありがとうございます。
    リンクの貼り間違え申し訳ないです。。
    修正致しましたので引き続き当サイトをお楽しみ下さいませ。

Post a Comment

Your email is never shared.