1963年の録音物がiTunesのみでひっそりと配信開始

この前の「U.S.Box」に続き、まさかオフィシャルブートレッグまでとは。

bootlegs1963

『Beatles Bootleg Recordings 1963』iTunes限定で配信開始。
http://www.universal-music.co.jp/the-beatles/news/2013/12/18_itunes

どうやらiTunesのみの配信という事らしいですが、
1963年のスタジオアウトテイクなどが59曲配信されています。

今までのアップル(この場合はビートルズの会社)の戦略からすると
あまりにも告知などの情報が少なすぎますよね。
しかも最近ようやく重い腰を上げて配信開始したiTunesのみなんてのもおかしい話で。

公式だから音もいいのかな?とも思ったのですけれども
Youtubeにアップされてる「Bad to me(Demo)」を聞く限り
本当に海賊盤そのものの音質っぽいです。

http://www.youtube.com/watch?v=sSaU-yD9w8A

これは懐かしの「Not For Sale(海賊盤)」に収録されてたものですね。
久しぶりにこれを聴いてちょっとノスタルジックになってしまいました。

今回レコーディングのアウトテイクは15曲。
あとはほとんどがBBCセッションの物なんですけども
2ndアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」からたった2曲なのはちょっと寂しい。
最初「ホールド・ミー・タイト」の文字が見えた時に
もしかして1stアルバムのセッション時の物かな?とも思ったんですけど
どうやらこれは違うみたいです。

色々と情報を探ってみると、この記事が一番詳しそうです

http://www.sankeibiz.jp/express/news/131215/exd1312150003000-n1.htm

ビートルズの貴重な未発表音源が、50年の時を経て日の目を見ることになった。音源を所有する英レコード会社のアップルが17日から音楽配信サイトで販売 するもので、ロイター通信が13日に報じた。アップルはこの時期にリリースする理由を明らかにしていないが、英BBCは「著作権の延長が狙いであることは 明白」としている。欧州連合(EU)は今年から、音楽著作権の保護期間を録音後50年から70年に延長したが、50年経過しても発表されていない録音は延 長の対象外となるためだ。ファンにとっては、理由は何であれ、楽しみな朗報と言えそうだ。

なるほどね。このままじゃ海賊盤が合法になってしまうので
年が明ける前にこういう形で公式という体裁を取ったって事なのかな。

それならもう50年も前の事なので、蔵の中全部出してしまえばいいのにな、と思います。
そりゃあ中には聞くに値しない物もあるでしょうけども
少なくとも「ゲット・バック・セッション」の時よりかは覇気があるでしょうし(笑)

もしかしたら年内に第2段が配信されるかも知れませんね。

それにしても最初は1500円で出てた物が6000円で出されたりとか
なーんかそれらしくないですよね。
いつもならそれこそボックスセット、豪華ライナー付で出しそうなもんなのに。

Post a Comment

Your email is never shared.